【教案】「テーマ別 中級から学ぶ日本語<改訂版>」第11課「こまる」

アイキャッチ 「テーマ別中級から学ぶ日本語」
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
「テーマ別 中級から学ぶ日本語<改訂版>」11課のテーマは「こまる」です。主に「使いましょう」「書きましょう」の文型導入を中心に書いていきます。

新しい言葉

(〜が)かかる:助詞を説明しておきます。例:友達から電話がかかってきた。

〜さえ:JLPTN2文法。例:財布を忘れて、水さえ買えない。

使いましょう

A:<動詞/い形容詞/な形容詞 の名詞修飾型>+ものの、〜

  • 前件であることは認めるが、前件から予想できない、前件につながらない結果、状態、事実が後件に入ります。
  • 「ものの」は書き言葉です。
  • 「のに」(みんなの日本語45課)と違って、不満の気持ちなどはありません。

T:みなさんは東京にどのぐらい住んでいますか。

S:2年ぐらいです。

T:東京スカイツリーを見たことがありますか。

S:はい、あります。

T:そうですね。普通東京に数年住んでいれば東京スカイツリーを見たことがあるはずです。でもリーさんは4年住んでいます。でもまだ東京スカイツリーを見たことがありません。3年東京に住んでいるものの、一度も東京スカイツリーを見たことがありません。

S:リーさんは3年東京に住んでいるものの、一度も東京スカイツリーを見たことがありません。

***

T:メアリーさんはジョギングを始めようと思ってジョギング用の靴を買いました。普通そのあとどうしますか。

S:ジョギングをします。

T:そうですね。でもメアリーさんは買った靴を箱に入れたまま全然使っていません。ジョギング用の靴を買ったものの、箱に入れたまま全然使っていません。

S:ジョギング用の靴を買ったものの、箱に入れたまま全然使っていません。

***

T:田中さんは車が好きです。頑張って免許(「免許」未習)をとりました。でも田中さんはまだ学生なので車を買うお金がありません。免許は取ったものの、高くて車が買えない。

S:免許は取ったものの、高くて車が買えない。

***

T:おいしいと有名なレストランへ行ってみました。味はいいです。でも店員さんの話し方は丁寧じゃありません。テーブルも汚いです。もう来ないだろうと思います。味はいいものの、サービスが悪いから、もう来ないだろう。

S:味はいいものの、サービスが悪いから、もう来ないだろう。

***

T:タンさんは〇〇(学生が知っていそうなブランド名)のかばんが好きです。〇〇のかばんはどうですか。

S:高いです。

T:そうですね。でもデザインが好きなので、時々買ってしまいます。あのブランドのかばんは少し高いものの、デザインが好きなので、時々買ってしまいます。

S:あのブランドのかばんは少し高いものの、デザインが好きなので、時々買ってしまいます。

**

T:試験が終わりました。合格できるか、心配です。それは事実です。でも今日終わりました。ほっとしています。結果が心配なものの、試験が終わったので、ほっとしている。

S:結果が心配なものの、試験が終わったので、ほっとしている。

**

名詞は「である」を使う

T:今は10月半ばです。でもヨーロッパではクリスマスの準備が始まっているそうだ。まだ10月半ばで(は)あるものの、ヨーロッパではクリスマスの準備が始まっているそうだ。

S:まだ10月半ばで(は)あるものの、ヨーロッパではクリスマスの準備が始まっているそうだ。

  • 使いましょうA

B:<動詞辞書形/名詞>につれて、〜。

変化を表す動詞の復習をします

  • 〜なる(みんなの日本語19課)
  • 増える・減る(みんなの日本語43課)
  • 上がる・下がる(みんなの日本語43課)
  • 変わる(みんなの日本語35課)
  • 年をとる(みんなの日本語25課)
  • 慣れる
  • 〜てくる・〜ていく
導入するとき、→を書いて変化の様子を視覚的にとらえられるようにするとわかりやすいです。
来年から、給料が増えます。嬉しいですね。でも一緒に仕事も増えます。給料が増えるにつれて、仕事も増えます。

***

初級のとき、文法は簡単でした。中級になると難しくなりました。上級になるともっともっと難しくなってきました。クラスが上がるにつれて、だんだん文法が難しくなってきた。

***

3年前に一人暮らしを始めました。最初は料理や洗濯も上手にできなくて大変でした。でも今はなんでもできます。一人暮らしが長くなるにつれて、なんでも一人でできるようになった。

***

昔、結婚といえば女の人が男の人の家族と一緒に住まなければなりませんでした。でも今は、別々に住んだり、週末だけ一緒に過ごしたり、色々なスタイルがあります。時代の変化につれて、結婚のスタイルも変わってきた。

***

年をとるにつれて、目が悪くなる/疲れやすくなる/人生の経験が豊かになってきた。

  • 使いましょうB



C:<名詞/動詞辞書形+こと>によって、〜。【手段】

これまで学習した「〜によって/による」の復習をします。

「〜で」「〜を使って」という意味です。個人的なことではなく、一般的なことを言うときによく使います。

T:みなさんSNSを使いますか。

S:はい、使います。

T:SNSでどんなことができますか。

S:自分の考えを世界中に伝えます。/同じ趣味の友達を探します。

T:SNSによって、自分の考えを世界中に伝えることができます。/同じ趣味の友達と出会うことができるようになった。

***

T:自分一人で考えてもわからないことがあるとき、どうしますか

S:友達に相談します。

T:友達に相談することによって、良い答えが出ることもある。

***

T:最近なかなか寝られません。何をしたら良いですか。

S:運動します/朝早く起きます

T:運動したり、早く起きたりすることによって、よく寝られようになります。

**

T:オリンピックを開くことによって、国の経済は良くなるだろう。

  • 使いましょうC

D:<名詞>として、〜。

「〜として」は資格や立場、カテゴリーなどを表すのに使われます。

資格

私は日本で日本語の先生として働いています。

立場

家の中では姉として弟の世話をしています。

大学時代、学生代表としてスピーチ大会に出たことがあります。

ミラーさんは友達としては良い人だけど、恋人としては見れない。

カテゴリー

白い恋人は北海道のお土産として有名です。

この店ではペンを買うとサービスとして無料で名前を入れてくれます。(カテゴリー)

スマホは辞書やメモとしても使える。

「〜にとって」との共通点と違い

共通点:名詞に接続する

違い:「〜によって」は形容詞文が続くことがほとんど。

例→ミラーさんは英語は簡単だというが、私にとっては難しい

→本場の四川料理は日本人にとっては辛すぎます。

  • 使いましょうD

E:<動詞/い形容詞/な形容詞 の条件形>+<動詞辞書形/い形容詞/な形容詞な>ほど〜【比例】

旧版のみんなの日本語35課の文法です。この文法内の「ほど」は「くらい」に言い換える事はできないので注意してください。

T:田中さんの給料は20万円です。いいです。25万円、もっといいです。30万円、もっともっといいです。給料は多ければ多いほどいいです

S:給料は多ければ多いほどいいです

T:お酒が好きです。ビールを一杯飲みます。楽しくなります。2杯飲むともっと楽しくなります。お酒は飲めば飲むほど楽しくなります

S:お酒は飲めば飲むほど楽しくなります

T:リーさんは勉強が得意じゃありません。学校のテストが嫌いです。テストは簡単なら簡単なほどいいです

S:テストは簡単なら簡単なほどいいです

変換練習

T:日本語・練習します・上手になります

S:日本語は練習すればするほど上手になります

T:考えます・わからなくなります

S:考えれば考えるほどわからなくなります

T:この人を知ります・好きになります

S:この人を知れば知るほど好きになります

作文

  • 恋人は________________いいです。
  • 家は__________________高いです。
  • 日本語は________________上手になります。

「〜につれて」との違い

〜につれて

時間的な変化に重点がある。変化にある程度の時間の幅を持つ表現を使う。

変化を表す表現を用いる。

〜ば〜ほど

程度・量の変化に重点がある。

変化を表す表現でなくても使うことができる。



書きましょう

A1:〜。どうして<動詞/い形容詞/な形容詞/名詞 の普通形※>+のだろうかと不思議に思った。

普通形としましたがな形容詞と名詞は以下のように変形します。

な形容詞:〇〇だ→〇〇な

名詞:〇〇だ→〇〇な

「どうして」の後は前件の事実に対して不思議に思うことを書きます。

「〜のだろうか」の「の」は「んです」の意味で、理由を表します。

友人は本当によくハワイへ旅行に行く。どうしてそんなにお金がある/他の国へ行かない の(だろう)かと不思議に思った。

先日喫茶店で自分の子どもが騒いでいるのに、気にしないでケータイを見ている親がいた。それを見て どうしてそのままにしておくのだろうか/叱らないのだろうか と不思議に思った。

  • 書きましょうA-1

A2:<動詞辞書形/動詞ない形/い形容詞い/な形容詞な/名詞>くらいならまだ許せるが、<動詞の過去形>ら、それこそ〜。

「くらい(ぐらい)」の意味を復習します(新日本語の中級13課

遅れるときは連絡くらいするものだ。

「なら」の意味を復習します

A:おいしい寿司を食べたいんです。

B:寿司なら、みどり寿司がいいですよ。

「まだ」の意味を説明します

まだ:よくないけど、最悪ではないと言う意味

例)ミラーさんと付き合うぐらいなら、一人でいる方がまだいい。

「が」の意味を説明します。

が:逆説

許せるが:「許せるけど」の意味

「それこそ」の意味を説明します

それこそ:「それは」に言い換えられます。「こそ」は後ろの文を強調します。

導入

T:恋人が他の女性と食事します。まだ許せます。でももし高いプレゼントをあげたら?

S:信頼できなくなります。または別れることを考えます。

恋人が他の女性と食事するくらいならまだ許せるが、もし高いプレゼントをあげたら、それこそ信頼できなくなります/別れることを考えます。

**

  • 書きましょうA-2
  • 速読AB
スポンサーリンク
スポンサーリンク