【教案】「テーマ別 中級から学ぶ日本語<改訂版>」第19課「おもいだす」

アイキャッチ 「テーマ別中級から学ぶ日本語」
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
「テーマ別 中級から学ぶ日本語<改訂版>」19課のテーマは「おもいだす」です。主に「使いましょう」「書きましょう」の文型導入を中心に書いていきます。

新しい言葉

(丁寧に説明する必要がある語彙)

まれ:「とても少ない、珍しい」の意味

当時:過去のある時期のこと

よほど:「かなり、とても」のレベル。話し言葉は「よっぽど」

連想:日本というと、富士山を連想する

〜まみれ:汚いイメージの「付いている」例)ほこりまみれ、借金まみれ

〜風(ふう):様子、態度、雰囲気

こっそり:「他の人に知られないように」の意味

うなづく:首を縦に振る

ようやく:長い間待ったことが来た時、大変だったものが終わった時などに使う

解放:テスト勉強から解放される、人質を解放するなど

生き返る:死にそうだったのものがもう一度息を吹き返す、の意味

乾く:自動詞「〜乾く」洗濯物、のど、など

〜きる:N2文法。最後まで〜するという意味。例)最後の商品を売りきった。量が多くて食べきれない。

どちらにしても:N2文法。使いましょうCで学ぶ。AでもBでも結果は同じという意味。

〜がてら:N1文法。書きましょうA2で学ぶ。

眺める:のんびり遠くを見る、の意味。

〜つつ:N2文法。「ながら」に近い意味。恋人との会話を楽しみつつ、ワインを飲む。

使いましょう

A①:<動詞辞書形/い形+い/な形+な・である/名詞+の・である>限り、〜。

A②:<動詞辞書形/い形+く/な形+で/名詞+で>ない限り、〜。

  • A①は「〜の状態が続いているうちは〜、〜の間は〜」という意味です。
  • A②は「〜なければ〜」という意味です。

田中さんの子どもが風邪をひきました。どうしたらいいかわかりません。医者へ行ってみてもらいます。

医者:食欲はありますか。

田中:はい、ご飯は食べられます。

医者:食欲がある限り、あまり心配しなくても大丈夫です。熱はありますか。

田中:はい、あります。

医者:熱が下がらない限り、学校へは行かないほうがいいでしょう。

田中:わかりました。

**

A:日本語は簡単な言葉ではないのに、学習者は増加していますね。

B:日本のアニメや漫画が人気な限り、学習者は減らないと思いますよ。

A:アニメや漫画を見ていれば、N1も合格できますか。

B:いいえ、ちゃんと文法や単語を勉強しない限り、試験に合格できません。

**

A:日本の新幹線は本当に時間通りにきますね。びっくりしました。遅れることはないんですか。

B:そうですね。大雪が降ったろきや台風の時などは遅れることもあります。でも特別なことがないなら、時間通りにきます。

余程のことがないかぎり、新幹線は時間通りにきます。

「よほどのことがない限り」は「特別なことがない場合は」という意味で、もっと噛み砕いて言えば「ほとんどいつも」の意味になります。

**

A:仕事は大変だなあ。早く辞めて、のんびりしたいなあ。

B:そう?私は今の仕事が好きだから、年を取っても元気である限り、働くつもりだよ。

**

A:ダイエットしても、このお腹だけは全然痩せないんですよね。

B:昨日の飲み会でビール飲んでなかった?

A:ええ、ビールと甘いものはやめられません。

B:甘いものを食べている限り/お酒をやめない限り、ダイエットは成功しないでしょう。

**

明日はJLPTのテストだ。一年間ずっと勉強しました。模擬試験も全て良かったです。

こんなに勉強したんだから、明日の試験はよっぽどのことがない限り合格するだろう。

  • 使いましょうA

B:<こんな/そんな/あんな/どんな>/<文(普通形)>という+ふう+に〜/な<名詞>。

「〜ふうの〜」の練習をします。「〜ふう」はそのスタイルに近い、似ている、フォローしているという意味です。

(写真を準備しておきます。)

西洋風の部屋、和風の家、昔風のヘアスタイル、今風のヘアスタイル

T:(かっこいい人の写真を見せて)田中さんの友達はモデルです。

田中:ああ、かっこいいなあ。あんなふうになりたいな。どんなふうにすればそのヘアスタイルができるの?

友達:こんなふうにすればできるよ。

私の猫です。猫は ご主人は何をしているの/ご飯はまだかな というふうに私を見ています。

彼:それでね、昨日のね・・・

彼女:へえ・・・・

女の人は 時間の無駄だ/早く帰りたい というふうな様子で話を聞いている。

**

授業中です。

先生:今日の説明はわかりましたか。

→学生Aはわかったというふうにうなづいた。/学生Bはわからないというふうに両手をあげた。

作文

あの犬は___________というふうに座っている。

  • 使いましょうB
  • 聴解IABC

C:どちらにしても〜。

「どちらを選んでも/どちらの場合でも 結果は同じだ」という意味です。

<動詞・い形容詞/な形容詞/名詞>の普通形+にしても、<動詞/い形容詞/な形容詞/名詞>の普通形+にしても、〜。

✴︎な形容詞と名詞には「だ」がつきません。

決定の「〜にします」を復習します。みんなの日本語44課

今日のお昼ご飯はラーメンにします。

ホテルの部屋はツインにします。

**

A:今度のヨーロッパ旅行、ヨーロッパかアメリカかどっちにする?

B:(ヨーロッパにしても、アメリカにしても)どちらにしても、飛行機のチケットは早く取ったほうがいいね。

A:Cさんは去年行かなかったけど、今年はどうする?

C:(行くにしても行かないにしても)どちらにしても、今週末までには2人に知らせるね。

**

A:飲み会の場所は会社の近くにする?それとも駅前にする?

B:どちらにしても予算を先に考えないと。

**

どっちにしても(カジュアル)

A:今年はN2にチャレンジしてみようかな。それともN3にしようかな。

B:どっちにしても、もう申し込み期間を過ぎているから無理じゃない?

作文

A:今日のパーティーこの赤い靴にしようかな、白い靴にしようかな。

B:どちらにしても、_________________。

**

A:今の仕事をやめようかな、それとも続けようかな。

B:どっちにしても、_________________。

  • 使いましょうC

D:もっとも<名詞/文(普通形)>といっても〜。

「〜というけれども、その言葉から想像されるイメージと現実は違っている」という意味です。

A:お仕事は?

B:会社を経営しています。

A:へえ!

B:もっとも会社と行っても社員は2人ですが。

A:・・・なるほど。

**

A:昨日日本語を勉強しました。もっとも勉強したと行っても5分だけですけど/アニメを見ただけです。

**

今度引越しするんです。もっとも引っ越しするといっても同じ町ですが。

**

車を買ったんです。もっとも車といっても中古車ですが・・・

**

彼は学生です。もっとも学生といっても自分で会社を経営していて、とてもお金持ちなんですよ。

作文

実は先週入院したんです。もっとも入院したといっても____________。

健康のために運動しています。もっとも_______________。

  • 使いましょうD
  • 聴解IIAB

書きましょう

A-1:どんなに*<動詞て形/い形+くて/な形+で>も、よほどのことがない限り、〜。

<動詞・い形容詞・な形容詞>の名詞修飾型+<名詞+で>の形もあります。

「どんなにーても」は「いくらーても」(みんなの日本語25課)とほぼ同じ意味です。

田中さんはいつもにこにこしていて、文句を言いません。忙しいです。忙しくても文句を言いません。寝不足でも、部長に仕事を頼まれても文句を言いません。

どんなに 仕事が忙しくても/寝不足でも/部長に仕事を頼まれても、よほどのことがない限り、田中さんは文句を言いません。

  • 書きましょうA-1

A-2:「<名詞>がてら<動詞の意向形>か」と言って、<人1>は<人2>を連れ出した/誘った(など)。もっとも<名詞/文(普通形)>といっても、〜。

「<名詞/動詞ます形>がてら〜」の説明をします。(JLPTN1文法)

1.Aの機会を利用してBする。

本文)夕涼みがてら、花火でもしようか。

→夕涼みというメインの目的をする機会に、花火という他のこともするという意味。がてらの前には移動動詞が来ることが多く、移動動詞じゃなくても移動の意味が含まれる。

  • 散歩がてら、コンビニで明日の朝ごはんを買う。
  • 友人を駅まで送りがてら、買い物してきた。
  • 買い物がてら、近所の叔母の家に寄る。

**

2.Aという目的でB。AはBの場所で達成する目的。(BはAの目的場所へ向かうという意味だが、Aの達成だけでなくそれ以外の目的も含んでいる。)

  • 祖母の顔を見がてら、大阪を訪れた。
  • 挨拶がてらおばさんのうちにいく。
  • 休養がてら、旅行する。

散歩がてらコンビニで明日の朝ごはんを買おうかと言って、夫は子どもを連れて出かけた。もっとも朝ごはんと言ってもコーヒーだけだが。

**

「見舞いがてら、部長が入院している病院に花を届けに行こうか」と言って、課長は私を連れて出かけた。もっとも入院と言っても3日だけだが。

  • 書きましょうA-2
  • 速読AB
参考

「がてら」と近い表現の「ながら」「ついでに」「かねて」について

A<動詞ます形>ながら、B。(みんなの日本語28課)

意味:AとBが並行して同時に行われる。Bがどのような状態で行われるのかをAで表す。BがメインでAはサブ。

例文:ポップコーンを食べながら、映画を見る。

A<名詞/動詞辞書形・た形>ついでに、B。(新日本語の中級20課)

意味:Aの機会を利用して、Bする。Aが目的で、その機会にBをするという意味。AがてらBには移動を伴う文という制約があるが「ついでに」はない。

例文:シャワーを浴びるついでに、床を掃除した。

A<名詞>と<名詞>をかねて、B。A<動詞辞書形>のをかねてB。

意味:Bをすることが目的だが、それにはAというもう一つの目的もある。AとBは同じ程度の重要性を持った目的。(メイン、サブの関係が弱い)

例文:日本語の勉強を兼ねて日本のドラマを見る。新婚旅行をかねて、ハワイで結婚式をする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク