【N3文法】<動詞た形・い形容詞い・な形容詞な・名詞の>つもり だ【思い込み・勘違い】

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N3文法を始めます。40回目は思い込み・勘違いを表す「<動詞た形・い形容詞い・な形容詞な・名詞の>つもり だ」という文型について学びます。

<動詞た形・い形容詞い・な形容詞な・名詞の>つもり だ

「Aつもりだ」は「Aと思った(けど、本当はそうではなかった。)」「Aと思った(けど他の人はAと思わなかった)」という意味です。

〜つもりです(強い気持ち)」の復習(みんなの日本語31課

  • 来年家を買うつもりです。
  • 明日からお酒を飲まないつもりです。

→「つもり」は「気持ち、考え」の意味です。

例文

思いこみ/勘違い

田中さんは寝坊したので、急いで準備しました。ご飯を食べて、シャワーを浴びて、エアコンを消して、出かけました。夜、会社から帰りました。「あれ、エアコンが消えていない。」

→エアコンを消したつもりだったが、消えていなかった。

**

(バスの中で)

A:よかったら、この席に座ってください。

B:え?!私?そんな年に見えるかしら・・

→まだまだわかりつもりだったのに、電車で席を譲られてしまった。

**

A:風邪はもう治ったんですか.

B:ええ、もう大丈夫です。・・・ゴホッ!

A:今日は帰った方がいいですよ。

自分では大丈夫なつもりだったが、風邪はまだ治っていなかった。

***

A:これひとつください。

B:はい、3000円です。

(家へ帰りました)

A:あ!これはMサイズだ!間違えた。

買ったのはLサイズのつもりでしたが、Sサイズの服を持って帰ってきてしまった。

自分と他人との違い

A:今日の顔、どう?

B:ん?いつもと同じじゃない?

綺麗に化粧したつもりだったが、彼にいつもと同じだと言われた。

**

A:田中くんと付き合い始めたの?昨日デートしたって言ってたよ。

B:え?彼とはただの友達だけど・・・・

彼は付き合っているつもりらしいが、私はただの友達としか考えていない。

**

A:レポートができました。みてください。

B:こことここが変だね。もう一度書き直してくれる?

A:え・・・わかりました。

自分ではいいつもりだったが、部長にレポートを書き直すように言われた。

**

A:悪かったよ。

B:は?それであやまったつもり?ちゃんと言いなさいよ。

A:ごめんなさい・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク