【N2文法】〜に対して

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。32回目は対象の意味である「〜に対して」という文型とその例文を紹介します。

①<名詞>に対して

漢字について

  • 対して:「たいして」と読みます。

接続について

  • 名詞に続く場合は、「<名詞>に対する<名詞>」という形になります。

「Aに対して」は「Aに/Aを相手に/Aについて」という意味です。

  • Aには人や話題などが入ります。

例文

  • 先生に対して、そんな失礼な態度をしてはいけません。
  • 日本では、目上の人に対しては敬語を使い、丁寧に話すべきとされています。
  • 子どもは知らない人に対して怖がったり、泣いたりします。
  • 博士の最新の研究報告に対して、参加者から質問が相次いだ。
  • 大人は自分がしたことに対して、責任を取らなければなりません。
  • 留学を経験し、英語に対する苦手意識がなくなった。
  • 社長は取材で会社に対する熱い思いを語った。

【参考】類似表現

②<普通形*+の/名詞>に対して

*接続について以下に注意してください。

  • な形容詞:な形容詞+な/である
  • 名詞:普通形+な/である

「A(の)に対してB」は「A一方B」「Aは〜だ。それと比べて、Bは〜」「Aとは違ってB」という意味です。

例文

  • なんでも指示する課長に対して、部長はほとんど部下に任せることが多い。
  • 息子おとなしいのに対して、娘はいつもうるさく走り回っている。
  • 一般的に男性は結婚にのんきなのに対して、女性は急ぐ傾向がある。
  • お酒は少量なら健康にいいという意見があるのに対して、たばこは悪い効果だけしかないようだ。

【参考】類似表現

  • 〜にくらべて
  • 〜にひきかえ
  • 〜に反して
スポンサーリンク
スポンサーリンク