【N2文法】<動詞て形>でも【極端な手段】

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。101回目は極端な手段の意味の「<動詞て形>でも」という文型とその例文を紹介します。

<動詞て形>でも

「Aてでも、B。」は「Aという手段を使ってでも、Bする。」という意味です。

  • Aには極端な強い手段がきます。
  • Bに話し手の希望や意見、気持ちなどがはいります。

例文

  • 高い家賃を払ってでも、会社の近くに住みたい。
  • 高い熱があるから、引っ張ってでも病院へ連れて行きます。
  • 彼は素敵な人で、駆け落ちしてでも結婚したいと思えるくらいだ。
  • 彼は親との縁を切ってでも歌手になりたかったのだ。
  • 少し頭が痛いけど、今日は彼女とデートだから、はってでも学校へ行くよ。
  • 彼女は買い物が好きで、借金してでも欲しいものを手に入れようとする。
  • 本日は並んででも食べたい大阪のグルメをご紹介します。
  • 彼女が応援に来るので、次の試合はなんとしてでも勝ちたい。
  • 親は自分を犠牲にしてでも子どもを守りたいと考えるものだ。
  • 借りたお金は車を売ってでも返します。
  • 夢があるなら、会社を辞めてでもチャレンジするべきだ。
  • 仕事で着る服は少し無理をしてでもいいものを買いなさい。
  • 好きなバンドが日本に来るので、仕事をキャンセルしてでもコンサートに行くつもりだ。

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク