【N2文法】<名詞>次第だ。/次第で(は)〜。

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。41回目「自然に任せる」というの意味の「<名詞>次第だ」という文型とその例文を紹介します。

<名詞>次第だ

漢字の読み方

  • 「次第だ」は「しだいだ」と読みます
  • 「A次第だ」は「AはBによって決まる」「AはBによって色々に変わる」という意味です。」という意味です。
  • 「A次第ではB。」は「AによってBの可能性もある。」という意味です。
Bは話し手の意志では決まらないので、「自然に任せる」という意味があります。

例文

  • 明日の富士登山は、天気次第だ。(明日富士山に登れるかどうかは、天気次第だ。)
  • 宝くじに当たりたいといっても、それは運次第だよ。
  • どの会社と契約するかどうかは、条件次第だ。
  • 同じ環境でも幸せと思うか、不幸と考えるかはその人次第です。
  • 結婚生活は相手次第で、素晴らしくも、最悪にもなる。
  • 先生として教えられることは全て教えた。あとは学生のやる気次第だ。
  • 安い服でも工夫次第でおしゃれに見せることができます。
  • あの社長の考え次第では、プロジェクトが中止になる場合もあります。
  • 新人でも、成績次第では昇進することもあります。
  • 試験の結果次第では、志望校を変えざるを得ないだろう。

【参考】類似表現

スポンサーリンク
スポンサーリンク