【N2文法】<普通形>おかげで/せいで【 原因・理由】

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。72回目は原因・理由の意味の「〜おかげで/〜せいで」という文型とその例文を紹介します。

<普通形>おかげで/せいで

接続について、普通形ですが以下は例外です。注意しましょう。

な形容詞+、名詞++おかげで/せいで

  • 「Aのおかげで、B」は「Aの助けや恩恵によって、Bといういい結果になった。」
  • 「Aのせいで、B」は「Aが理由で、Bというよくない結果になった。」

という意味です。

  • 「おかげで」は皮肉として使う場合、逆の意味になります。
  • 「おかげ、せい」は理由がはっきりしないときに使います。
  • 「おかげさまで」という表現は文頭で使い、相手に感謝するとき使います。

例文

【おかげ】

先生のおかげで、日本語が上手になりました。

日本にいながら世界中の最新情報を知ることができるのはインターネットのおかげだ。

社員が頑張ってくれたおかげで、売上目標を達成した。

新入社員の時いろんな仕事を経験したおかげで、様々な技術を身につけられた。

あの時会社を首になったおかげで、本当にやりたいことがわかったんです。

田中さんが余計なことをしてくれたおかげで、残業することになってしまった。

休んだおかげか

寝る前に飲んだお茶のおかげか、昨日はよく眠れました。

**

A:お子さんが産まれたそうですね。おめでとうございます。

B:おかげさまで、ありがとうございます。

【せい】

お酒を飲みすぎたせいで、頭が割れるように痛い。

上の部屋がうるさいせいで、毎晩寝不足だ。

夏が涼しかったせいで、お米があまり育っていないそうだ。

高速道路の渋滞のせいで、飛行機に乗る時間に間に合わなかった。

人のせいにするのはやめなさい。

彼女が人から怖がられるのは、話し方のせいだと思う。

私は牛乳が好きなせいか、クラスで一番背が高い。

歳のせいか、食べ過ぎのせいか、最近体が重く感じる。

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク