【N1文法】<名詞> をものともせず(に)、〜

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法20回目です。無関係の意味を表す「<名詞> をものともせずに、〜」という文型の意味と例文を紹介します。

<名詞> をものともせずに、〜

「Aをものともせずに、〜」は、「普通ならAという危険や困難に気持ちが負けてしまうのに、勇敢に〜する」という意味です。

  • 大きな危険や悪条件となる語につきます:例)台風、病気、危険、周りの反対など
  • 他人の勇敢さを褒める文になります。
  • 話者自身のことには使いません。
  • 「ものともせず」の形も使えます。

例文

  • サラリーマン達は台風をものともせずに、いつも通りの時間に出勤している。
  • 彼女は父親の反対をものともせずに、結婚し彼を支えていく決意をした。
  • 彼女は病気をものともせず、最期まで女優として活躍した。
  • 5人の子供達は貧しさをものとももせずに、兄弟で支え合いながら生きている。
  • 彼は世間の批判をものともせず努力を重ね、ついに夢を叶えた。
  • A社は不況の影響をものともせずに、順調に業績を伸ばしている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク