【N2文法】<普通形>のみならず

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。25回目は非限定の意味である「<普通形>のみならず」という文型とその例文を紹介します。

<普通形*>のみならず

*接続

普通形ですが、以下注意です。

  • な形容詞:<な形容詞>である
  • 名詞:<名詞>/<名詞>である

「AのみならずB」は「Aだけでなく、さらにBも〜」という意味です。

  • 後件は他にもの意味の「〜も」を使った文が多くきます。
  • 「のみならず」は単に「同じレベルの他のものも」という意味にも使えます。前回勉強した「〜に限らず」は「より広い範囲の」という意味があるときに使えるで違います。
  • 「〜のみでなく」も同様の意味です。

例文

  • 佐藤さんは勉強ができるのみならず、スポーツも万能である。
  • 今朝は寝坊したのみならず、乗る電車も間違えてしまった。
  • このスマホはデザインが素晴らしいのみならず、操作も簡単だ。
  • このズボンは楽であるのみならず、足も長く見せてくれる。
  • 一人暮らしは孤独であるのみならず、経済的にもデメリットが多い。
  • 彼は友人の一人であるのみならず、ともに会社を経営する仲間でもあった。
  • 彼の音楽は国内のみならず、海外でも高く評価されている。
  • 学生のみならず、教師も学ぶことを続けていかなければならない。
  • このサービスは本人のみならず、家族や友人も使える。

【参考】類似表現

【N2文法】<名詞>に限らず

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク