【N2文法】<名詞>によって【理由・手段】

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。70回目は理由・手段の意味の「〜によって」という文型とその例文を紹介します。

<名詞>によって

接続について

名詞を修飾する場合は「<名詞>による<名詞>」という形になります。

「Aによって、B。」は理由と手段の2つの意味があります。

理由の場合は「Aが原因・理由でBになる。」

手段の場合は「Aという手段でBする。」

という意味です。

例文

【原因】

  • 今朝の電車の事故によって、多くの学生が遅刻した。
  • 皆様のご協力により募金の目標金額を達成しました。
  • レストランでアルバイトすることによって、日本語が上手になりました。
  • 喧嘩は話し合いによって解決しましょう。
  • 新しい駅ができることによって、通勤電車はさらに混むことが予想される。
  • あのアイドルは不注意な一言によって、テレビに出られなくなってしまった。
  • この地震による津波の心配はありません。

【手段】

  • コンビニはレジを自動化することによって、人手不足を解消しようとしている。
  • シンガポールでは電車で飲食することは法律によって禁止されている。
  • 今年は暖冬によって冬物衣服の売り上げが落ちている。
  • 電話による問い合わせは平日の9時から5時まで対応しています。

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク