【N1文法】<動詞辞書形>なり〜

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
時間関係の文法3回目です。ここでは「〜なり」の意味と例文を紹介します。

<動詞辞書形>なり〜

意味:「Aなり、B」で、「Aすると、すぐB。/ Aとほぼ同時にB」という意味です。

  • 第3者が、何かしたすぐ後に予想外のことをした時に使います。
  • 前後の主語は同じです。
  • 後件は意思的な動作がきます。命令・推量を表す表現はこの文型の後に続きません。(〜しろ、〜でしょう、〜かもしれない。等)

例文

  • 弟は帰宅するなりテレビをつけた。好きな番組が始まる時間だったそうだ。
  • 子どもはカレーを一口食べるなり、吐き出した。ちょっと辛かったようだ。
  • 部長は客からの電話を切るなり、大きなため息をついた。
  • 乗客は電車のドアが開くなり、降りる人を待たず中に入ろうとした。
  • 佐藤さんは目の前の人が偉い人だとわかるなり、態度を変えた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク