【N2文法】〜ものだから・もので・んだもの【言い訳・理由】

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。71回目は理由・言い訳の意味の「〜ものだから・もので・もの」という文型とその例文を紹介します。

〜ものだから・もので・もの

接続について

  • 普通形+ものだから・もので・んだもの

「Aものだから・もので、B。」は「仕方がない/自分ではコントロールできないAという理由でBだ。」という意味です。

「Aんだもの」は「Aだから、B」という理由説明の意味です。女性や子どもがよく使います。甘えている印象があります。逆に「〜ですもの。」という言い方は丁寧な言い方で主に女性が使います。

  • 悪いことが起こった時の言い訳や、なぐさめるときによく使います。
  • よりカジュアルな表現で「もんだから」「もんで」「もん」という言い方があります。

例文

【ものだから・もので】

A:Bさんはインドネシア語が話せると聞きました。

B:いえ、5年前に勉強したものですから、忘れてしまいました。

**

A:Bさんはアメリカで働いているんでしょう。

B:はい。でも英語ができないものですから、生活は大変です。

**

A:Bさんは3歳のお子さんがいらっしゃるんですよね。

B:はい。でも仕事が忙しい/大変なものですから、遊ぶ時間がありません。

**

A:Bさん、帰るんですか。

B:すみません。子どもが病気なもので、お先に失礼します。

**

A:Bさん、一杯飲みに行きませんか。

B:すみません。最近お酒をやめたもので・・。

**

A:来週一緒に映画を見ませんか

B:すみません。お金があまりないものですから・・・

**

A:お父さん、どうしてそんなに買っちゃったの?

B:セールで安かったもんだから、ついね・・・。

【もの】

A:彼のプロポーズ、断ったの?

B:ええ。私20歳だし、まだ結婚したくないもの。

**

A:朝からずっと漫画ばかり読んでるじゃない。

B:この漫画、本当におもしろいんだもの。

**

A:どうしてあの男と別れないの。

B:だって、好きなんだもん。

**

A:チョコレート?ダイエット中じゃないの?

B:チョコレートだけは別。超おいしいんだもの。

**

A:え、また新しい靴買ったの?

B:今セール中で、安くなっていたんですもの。

スポンサーリンク
スポンサーリンク