【N1文法】<動詞 辞書形/た形>そばから〜

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
時間関係の文法4回目です。この記事では「〜そばから」の意味と例文を紹介します。

<動詞 辞書形/た形>そばから〜

意味:「Aそばから、B」で、「Aをしても、またすぐにBをしてしまう/Bになってしまう。」という意味です。何度も同じことが繰り返されているという状況です。

  • Bの部分はよくないことに使うことが多いですが、例外もあります。
  • 「Aをしても何度もBだ」という意味で、不満や非難の気持ちが含まれます。

例文

  • あの人はメモを取らないから、教えたことを聞くそばから忘れてしまう。
  • 「仲良くしなさい」と叱ったそばから、また兄弟喧嘩が始まった。
  • 計画性がないので、お給料は入ったそばからなくなってしまいます。
  • 先月できたパン屋は評判がよく、人気のパンは焼けるそばから売れていくそうだ。
  • リーさんは中間テストが終わったそばから期末テストの対策を始めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク