【N2文法】<動詞ます形>つつ、〜【同時進行】

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。10回目は同時進行の意味の「<動詞ます形>つつ、〜」という文型とその例文を紹介します。

<動詞ます形>つつ、〜

*ます形の「ます」部分は消えます。

「Aつつ、B」は「Aながら、B」という意味です。

  • 「Aという状態でB」という意味です。
  • 「ながら」より書き言葉的な表現です。

例文

  • 治療は患者とご家族と話し合いつつ、進めていきます。
  • 無事に到着することを祈りつつ、飛行機に乗った。
  • ダイエット中はカロリーを減らしつつ、必要な栄養はしっかり摂ることが重要だ。
  • 学生には将来の仕事のこと考えつつ、進学先を選んでほしい。
  • 彼女は生まれたばかりの赤ちゃん面倒を見つつ、この小説を書き上げました。
  • 今の生活楽しみつつ、老後に備え貯金をしています。
  • 人は挑戦と失敗を重ねつつ、大人になります。
  • 結婚後も仕事続けつつ、家族との時間を大切にしたいと思います。
  • 退院後は自分の体と相談しつつ、職場に戻る予定だ。
  • 今日は誕生日なので、彼のプロポーズを期待しつつレストランへ向かっている。

【参考】類似表現

  • みんなの日本語28課:「ながら」→置き換え可能なことが多いです。ただし動作性が強い言葉(歩く、走るなど)は「ながら」の方が自然です。

例1:雑誌を読みながら、友人を待ちます。(○)

例2:雑誌を読みつつ、友人を待ちます。(○)

例3:走りながら、ラジオを聴きます。(○)

例4:走りつつ、ラジオを聴きます。(×やや不自然)

みんなの日本語 初級 第28課【教案】

スポンサーリンク
スポンサーリンク