【N4文法】<い形容詞い/な形容詞な>そうです【見た目からの判断】

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N4文法を始めます。20回目は見た目から何かを判断する「<い形容詞い/な形容詞な>そうです」という文型の導入の仕方と例文を紹介します。

<い形容詞/な形容詞>そうです

ここでの「Aそうです」は「Aに見える」「(見た目から)Aと思う」という意味です。

見て100パーセントわかるものには「そうです」は使いません。

×きれいそうです/ハンサムそうです/可愛そうです/あの服は白そうです

導入と例文

い形容詞

T:この寿司はどうですか

S:おいしいです

T:本当に食べていないからわかりませんね。でも目で見て、きっとおいしい!と思いました。このすしはおいしそうです。

S:このすしはおいしそうです。

S:このスープはからそうです。

S:この人は強そうです。

S:この人は寂しそうです。

S:暑そうです/忙しそうです

いいです→よさそうです

な形容詞

S:この二人は幸せそうです

S:この人は暇そうです(もしくは:つまらなそうです

S:大変そうです

否定形の紹介

T:雨が降ります

S:雨が降りそうです

T:雨が降りません

S:???

T:雨が降らなさそうです

S:雨が降らなさそうです

T:もう一つ紹介します。「雨が降りそうもありません

S:雨が降りそうもありません

現在形・い形容詞

T:おいしくないです

S:おいしくなさそうです

T:よくないです

S:よくなさそうです

現在形・な形容詞

T:暇です

S:暇そうです

T:暇じゃありません

S:暇じゃなさそうです

過去形・動詞

T:雨が降りました

S:雨が降りそうでした

T:雨が降りませんでした

S:雨が降らなそうでした

T:もう一つ言います。「雨が降りそうもありませんでした

S:雨が降りそうもありませんでした

T:何かありました

S:何かありそうでした

過去形・い形容詞

T:おいしかったです

S:おいしそうでした

T:おいしくなかったです

S:おいしくなさそうでした

T:よかったです

S:よさそうでした

T:よくなかったです

S:よくなさそうでした

過去形・な形容詞

T:暇でした

S:暇そうでした

T:暇じゃありませんでした

S:暇じゃなさそうでした

「そうです」「でしょう(32課)」「思います(21課)」の違い

  • そうです:データ、判断材料が目で見てわかる。自分で判断する
  • でしょう:その道のスペシャリストが信用のおけるデータを見て判断する
  • 思います:データはなくてもいい。直感で「そう思う」場合も使える
スポンサーリンク
スポンサーリンク