【N1文法】<名詞> といい、<名詞>といい

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法17回目です。例示の意味の「<名詞> といい、<名詞>といい」という文型の意味と例文を紹介します。

<名詞> といい、<名詞>といい

「Aといい、Bといい」は、「AもBも、同じように評価できる」という意味です。AとBは同じ種類、グループの言葉が入ります。

  • 後件には話者の評価を表す文がきます。
  • 希望や要求に合い、不満や不足がないという気持ちを表すとき使います。
  • 話者の希望、意向(〜たい、〜よう)を表す文はきません。

例文

  • あのレストランは味といい、サービスといい、日本一の店だ。
  • この街は便利さといい、治安の良さといい、住みやすい場所だ。
  • 「ヒーローズ3」は俳優といい、話の流れといい、文句のつけようがないよ。
  • 発音といい、語彙の知識といい、彼の英語力は申し分ない。
  • この靴はサイズといいデザインといい、私にぴったりだ。
  • 長男は明るい性格といい、スポーツが得意なことといい、夫にそっくりだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク