【N1文法】<動詞/い形/な形/名詞の普通形>にしたところで

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法118回目です。逆接条件を表す「<動詞/い形/な形/名詞の普通形>にしたところで」という文型の意味と例文を紹介しています。

<動詞/い形/な形/名詞の普通形*>にしたところで

*普通形ですが、な形容詞と名詞の時の「」は省略される場合があります。

「AにしたところでB」は「もしAでもBだ。」「Aという立場や条件でもBだ。」という意味です。

  • Bには基本的に「無意味だ、無力だ」といった意味の否定的な内容の文がつづきます。例外もあります。
  • 話し言葉では「<普通形>にしたって」という言い方をします。
  • ほぼ同じ意味で「<普通形>としたところで」「<普通形>としたって」という形もあります。

例文

  • これから毎日勉強するにしたところで、3ヶ月じゃ合格できないだろう。
  • 社長の決定は絶対だ。全員で説得するにしたところで変わることはない。
  • この会社で成果をあげたところで、自分の給料が増えることはない。
  • いくらおいしいにしたって、その見た目じゃ食べる気にならない。
  • どんなに教え方が上手にしたところで、全員に同じように理解させるのは無理だ。
  • 妹に就職のアドバイスをしているが、私にしたところで今の会社をいつまで続けられるかわからない。

【参照】類似する文型

【N1文法】<過去形>ところで、〜

N1の学習におすすめの本・書籍

学習者向け・練習テキスト

講師向け・文型辞典

説明が丁寧で・例文豊富で難易度も適切なバランスのいい本です。例文にはふりがながありますので、学習者も使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク