【N1文法】<い形容詞>かれ、<い形容詞>かれ

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法121回目です。繰り返しを表す「<動詞て形>は<動詞ます形>、<動詞て形>は<動詞ます形>」という文型の意味と例文を紹介しています。

<い形容詞*>かれ、<い形容詞*>かれ

い形容詞の「い」は省略されます。

「AかれBかれ」は「Aても、Bても〜」という意味です。AとBには対(つい)になるい形容詞が入ります。

  • 後件は「同じだ」という内容の文がきます。
  • 「いい」は「よかれ」になります。「わるい」は「あしかれ」になります。
  • 慣用句的な表現が多いです。

例文

  • 人は日常生活で多かれ少なかれストレスを感じているものです。
  • 緊張して失敗した経験は多かれ少なかれ誰にでもあるのではないだろうか。
  • 毎日残業を続けていたら、遅かれ早かれ体に不調が出てきますよ。
  • うまく隠したつもりでも、遅かれ早かればれるに違いない。
  • 子どもは良かれ悪しかれ親から影響を受けて育ちます。
  • SNSの誕生は良かれ悪しかれ人々の生活を変えました。

N1の学習におすすめの本・書籍

学習者向け・練習テキスト

講師向け・文型辞典

説明が丁寧で・例文豊富で難易度も適切なバランスのいい本です。例文にはふりがながありますので、学習者も使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク