【N1文法】 <名詞>にかこつけて

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
N1の文法95回目です。関係を表す「 <名詞>にかこつけて」という文型の意味と例文を紹介しています。

 <名詞>にかこつけて

「かこつける」は動詞で、「直接関係しない他の事と無理に結びつけて、都合がよい理由にする。/他のことのせいにする。」という意味があります。

  • 「 Aにかこつけて」は「Aを表向きの理由にして〜。」という意味です。
  • 「表向きの理由」とは「実際とは違った、外へ見せる理由」という意味です。後件は本当の目的や、他人に知られたら非難されることなどが続きます。

例文

  • 仕事にかこつけて気になる先輩を食事に誘った。
  • 誕生日にかこつけて我慢していたお酒をたくさん飲んだ。
  • フランス出張にかこつけて、以前から興味があった観光地を巡ってきた。
  • 店員の小さいミスにかこつけて、無理な要求をするのは、迷惑客そのものだ。
  • 孫が生まれてから、母は何かにかこつけてプレゼントを送ってくれる。
  • ハロウィンにかこつけてばか騒ぎした若者が逮捕された。
  • 取材にかこつけて好きな俳優と写真を撮ることに成功した。
  • 政府はオリンピックにかこつけた詐欺に注意するよう国民に呼びかけた。
  • 上司はアドバイスにかこつけて、若い頃の自慢話を語った。
  • 政治家は新元号にかこつけて自分の政策をアピールした。
  • 息子は風邪にかこつけて勉強をサボりゲームばかりしている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク