【N2文法】<疑問詞+普通形>ことだろう(でしょう)・ことか

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。122回目は「非常に〜だ」という気持ちを表す「<疑問詞+普通形>ことだろう(でしょう)・ことか」という文型とその例文を紹介します。

<疑問詞+普通形*>ことだろう(でしょう)・ことか

*接続について

  • 普通形ですが、な形容詞と名詞の「だ」はつきません。「<な形容詞>である・だった」「<名詞>である・だった」も使えます。

「Aことだろう・ことか。」は「とてもAだ。」「どれほど(多くの)Aか。」という意味です。

  • 強く思ったことや感動したことを気持ちをこめて言う表現です。

例文

A:トイレの電気、つけっぱなしだったよ。

B:あーごめんごめん。

A:もう。ちゃんと消してねって何度言ったことか。

**

A:夏休みは国へ帰る予定です。

B:そうなんですか。ご家族もさぞ楽しみにしていることでしょう。

**

A:また部長が怒ってるよ。

B:あの人のせいで、いったい何人の新入社員がやめたことだろう。

**

A:私の国は、学生たちが放課後使った教室を掃除するんですよ。

B:なんと素晴らしいことでしょう。私たちの国でもそうしたいです。

**

A:友人は50歳で日本語の勉強を始めて、今年やっとN1に合格したんです。

B:大人になってから新しい言語を覚えるのは、どんなに大変だったことでしょう。

【参考】類似文型

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク