【N1文法】<名詞> を限りに/限りで、〜

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法9回目です。範囲の終わりを表す「<名詞> を限りに、〜」という文型の意味と例文を紹介します。

<名詞> を限りに/限りで、〜

意味:「Aを限りに/限りで、B」で、「Aを最後に、今まで続いていたBをやめる」とという意味です。

  • 時を表す言葉(今日・今月・今年など)につくことが多いです。
  • 「を限りに」の方がより硬い表現です。
  • 慣用句で「声/命/力 限りに、〜」という表現があります。その場合「限り」は「〜の限界まで、〜を全部出し切って」という意味になります。「声/命/力 限りに、〜」という言い方もあります。

例文

  • 駅前の喫茶店は今月を限りに閉店するそうだ。
  • この試合を限りに引退する日本人選手に会おうと、大勢のファンが駆けつけた。
  • 受験が近いので、今月限りでアルバイトをやめることにした。
  • 仕事ばかり優先する彼とは今日限りで別れます。
  • 迷子になった犬を探すため、声の限り叫び続けた。
  • 合格するかどうかわからないが、力の限りやってみるよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク