【N1文法】<時間を表す名詞>というもの(は)

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
N1の文法114回目です。時間関係を表す「<時間を表す名詞>というもの(は)」という文型の意味と例文を紹介しています。

<時間を表す名詞>というもの(は)

「Aというもの(は、)B」、は「Aのあいだ、ずっと同じ状態(B)が続いている。」という意味です。

  • Aの前に「ここ」や「この」という言葉がつくことが多いです。
  • 期間を表す数詞はみんなの日本語 初級 第11課【教案】の項6で学びました。基本ですが間違いが多い部分です。不安な場合復習してくださいね。

例文

  • その映画は見たことがあったので、2時間というもの暇でしょうがなかった。
  • 高い熱を出して、この2日間というものベッドの中で過ごしている。
  • それから数日というもの、日本中がオリンピックの話で盛り上がった。
  • リンさんはここ一週間というもの、遅刻が続いている。
  • ここ1ヶ月というもの、赤ちゃんの世話で眠れない日々だ。
  • 今年こそは合格したいので、この3ヶ月というもの、毎日図書館に通って勉強している。
  • 不景気のため、ここ3年間というもの新入社員の募集を取りやめている。
  • ここ10年間というもの、会社の業績は上がり続けている。
  • このカバンはお気に入りで、もう何年間というものずっと使っている。

【参照】類似する文型

【N1文法】<動詞て形>からというもの(は)〜

N1の学習におすすめの本・書籍

学習者向け・練習テキスト

講師向け・文型辞典

説明が丁寧で・例文豊富で難易度も適切なバランスのいい本です。例文にはふりがながありますので、学習者も使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク