【N1文法】 <動詞辞書形>べくして<動詞普通形>

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法112回目です。当然の結果を表す「<動詞辞書形>べくして<動詞普通形>」という文型の意味と例文を紹介しています。

<動詞辞書形>べくして<動詞普通形*>

接続について

  • 3グループの「します」は「するべく」のほか、「すべく」という形も使えます。「すべく」の方がより硬い印象です。
  • *動詞普通形としましたが、た形が入ることが多いです。

  • 「AべくしてAた」は「(状況から分かるように)当然の結果としてAになった」
  • Aの部分には普通同じ動詞がはいります。例外もあります。

例文

  • 人知れず厳しい練習を続けた彼は、その試合に勝つべくして勝った。
  • 彼とは考え方よく似ていて、私たちは出会うべくして出会ったと信じている。
  • 運転手はかなり高齢だったそうで、その事故は起きるべくして起きたといえる。
  • 国民の不満を政府が無視し続けた結果、デモは起こるべくして起こった。
  • 彼は3歳の時に自分の曲を演奏した。まさに音楽家になるべくして生まれた人物だ。
  • この教科書は売れるべくして売れている。これほど例文がわかりやすく、授業に役に立つ本はない。
  • 彼女とはもともと結婚したい時期が違ったから、僕たちは別れるべくして別れた。
  • 彼は幼いころから野球選手になるため努力していた。成功するべくして成功したのだ。

【参照】形が類似する文型

N1の学習におすすめの本・書籍

学習者向け・練習テキスト

講師向け・文型辞典

説明が丁寧で・例文豊富で難易度も適切なバランスのいい本です。例文にはふりがながありますので、学習者も使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク