【N1文法】<名詞> といわず、<名詞>といわず

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法17回目です。例示の意味の「<名詞> といい、<名詞>といい」という文型の意味と例文を紹介します。

<名詞> といわず、<名詞>といわず

「Aといわず、Bといわず」は、「①AだけでもBだけでもなく、〜」または、「②AやBだけでなく全体的に〜」という意味です。AとBは同じ種類、グループの言葉が入ります。

  • 前回の「〜といい、〜といい」は話者の評価でしたが、こちらは事実を表す文が続きます。
  • AとBには時間的、空間的につながりがある言葉の組み合わせ(昼と夜、手と足など)がよく使われます。意味①の場合、反対の意味の言葉が入ります。
  • よくないことを言うときに使うことが多いです。
  • 後件は否定文、依頼、命令の文はきません。

例文

  • 部長は食事中といわず、会議中といわず、スマホを手離さない。
  • お隣の赤ちゃんは、昼といわず、夜といわず、一日中よく泣いている。
  • 息子は毎日外で遊び回るので、手といわず、足といわず全身傷だらけだ。
  • もうすぐ締め切りなので、平日と言わず、週末といわず、会社に行かなければならない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク