【N2文法】<名詞>はさておき

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。51回目は無視の意味である「<名詞>はさておき」という文型とその例文を紹介します。

<名詞>はさておき

  • 「Aはさておき、B」は「Aは今は話題にしないで、B(を一番に考える)。」「(しばらく続いた)Aはこのぐらいでやめて、B」という意味です。
  • 「Aはさておいて」「Aはさておきまして」などという言い方もあります。

例文

  • 難しい話はさておき、今日はおいしい日本料理を楽しんでいってください。
  • 時間もないので、前置きはさておきまして本題に入ります。
  • ・・・なんていう私の愚痴はさておき、今日のテーマについてお話したいと思います。
  • 冗談はさておき、そろそろ文法の勉強を始めようか。
  • 内容はさておき、彼のスピーチは人を惹きつける力がある。
  • 新しいスマホはデザインはさておき、素晴らしい機能が充実している。
  • 恋人がいる人はさておき、クリスマスに皆で集まってパーティーをしない?
  • お金の問題はさておき、今は病気を治すことに専念すべきだ。
  • 実現可能かかどうかはさておき、彼のアイディアは面白いことは確かだ。
  • どちらが悪いかはさておき、喧嘩を止めるのが先だろう。
  • 「課長、明日の出張の件ですが・・・」「それはさておき、昨日の問題はどうなった?」

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク