【N2文法】<名詞>を通じて、通して〜

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。18回目は期間と手段の意味を表す「<名詞>を通じて、通して〜」という文型とその例文を紹介します。

<名詞>を通じて、通して〜

2つの意味がありますので、それぞれ分けて説明します。

読み方に注意!

  1. 通じて:「つうじて」と読みます。
  2. 通して:「とおして」と読みます。

「通(とお)して」の方が「通過・移動」の意味が強いです。「通(つう)じて」は「つながる」という意味合いが強いです。例外もありますが、ここではこの2つは置き換え可能な表現として扱います。

意味1:手段・仲立ちとして

「Aをを通じて、通して〜」は「Aを手段・仲立ちとして」という意味があります。副次的な、予想しなかった結果を述べます。直接目的としていた結果について述べる場合には使いません。(ダメな例:アルバイトを通してお金をもらった。→アルバイトでお金をもらった。)

意味1の例文

 

A子さんはツアーガイドになるために日本語を勉強しました。日本語を勉強しながら日本の文化も知ることができました。日本語の勉強を 通じて/通して 日本文化を知りました。

  • SNSを通じて世界中の人と友達になれます
  • スポーツを通して友達を作ります
  • アルバイトを通じて敬語を学びました
  • ブログを通して、自分の気持ちを色々な人に伝えたい。
  • 秘書を通して社長に連絡してください
  • 老人ホームでのボランティアを通じて、お年寄りの生活の大変さを学んだ

意味2:〜の期間ずっと

もう一つ「Aをを通じて、通して〜」は「Aの期間ずっと〜」という意味があります。

後件は「続いている」という意味の文が来ます。

意味2の例文

  • トマトの旬は夏だが、一年を通してスーパーで売られている。
  • 私の国の日中の気温は年間を通じて30度ぐらいです。
  • 40年の教師生活を通して、たくさんの素晴らしい学生と出会いました。
  • この寺には様々な植物が植えられていて、四季を通じて景色が楽しめます。
  • 生涯を通じて結婚しない人が増えているそうだ。

【参考】類似表現

【N2文法】<名詞>にわたって/<名詞>にわたる・にわたった<名詞>

【N1文法】 <名詞>を 経て(へて)

スポンサーリンク
スポンサーリンク