【N2文法】<動詞辞書形/た形/て形+いる・名詞+の>限り(では)

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。23回目は「状態が続く間は」という意味を表す「<動詞辞書形/た形/て形+いる・名詞+の>限り(では)」という文型とその例文を紹介します。

【N2文法】<動詞辞書形/た形/て形+いる・名詞+の>限り(では)

読み方

「限りでは」は「かぎりでは」と読みます。

「A限りはB」は「Aの範囲についていえば」という意味です。Aには自分の得た情報の範囲となるものが入ります。

  • 「限定された情報の範囲での意見だ/判断だ。」という意味合いがあります。

例文

  • 知る限りでは、彼はまだ東京に住んでいるはずです。
  • 資料を読む限り、彼は幼い頃から天才と呼ばれていたそうだ。
  • 説明聞いた限りでは、それほど難しくなさそうです。
  • 昨日少し話した限りでは、いつもと違うところはないように感じだ。
  • この症状はインターネットで調べた限り、心配しなくてもいいようだ。
  • 電話で声を聞いた限りでは、あまり驚いでないように思った。
  • 覚えている限りでは、パスポートはこのポケットにいれたのだけど。
  • 私が知っている限りでは、彼は日本語と英語と中国語の3ヶ国語を話せたと思います。
  • 今回の調査の限りでは、彼の行動に怪しい点は見つかりませんでした。

これまでの「限り」表現

【N2文法】<普通形>限り(は)

【N2文法】<名詞>に限り

【N2文法】<動詞辞書形/て形いる/名詞の>限り〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク