【N2文法】<動詞辞書形/て形いる/名詞の>限り〜

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。19回目は範囲の限界を表す「<動詞辞書形/て形いる/名詞の>限り〜」という文型とその例文を紹介します。

<動詞辞書形/て形いる/名詞の>限り〜

限り:「かぎり」と読みます。

「AかぎりB」は「Aの間は、ずっと・全部Bだ。」「Aが限界・いっぱいになるまで、Bだ。」という意味です。

「限り」には色々な意味があります。ここでは「限界=ぎりぎりの範囲」を表す「限り」を紹介します。

例文

  • 健康のために、できる限りバランスがいい食事を摂るようにしている。
  • 彼女は私の知っている限りでは、約束を忘れるような人ではないですよ。
  • 私が覚えている限りでは、最後に彼に会ったのは2年前だったと思います。
  • 選手代表は「正々堂々、力の限り戦います。」とみんなの前で誓った。
  • 短い人生ですから、命の限りチャレンジしていきたいです。
  • アイドルがステージに登場し、大勢のファンが声の限り叫んだ。
  • マスコミは逆転ゴールを決めた選手を言葉の限り賞賛した。

【参考】類似表現

  • 「とても〜だ」という評価・感想の意味の「限り」

【N1文法】 <い形い/な形な>かぎりだ

スポンサーリンク
スポンサーリンク