【N2文法】<名詞>にこたえて

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。33回目は要求に応じるという意味である「<名詞>にこたえて」という文型とその例文を紹介します。

<名詞>にこたえて

漢字について

  • 「こたえて」は漢字で「応えて」と書きます。ひらがなのままの時も多いです。

接続について

  • 名詞に続く場合は、「<名詞>にこたえる<名詞>」という形になります。

「AにこたえてB」は「Aという要求・期待にふさわしいBをする。」という意味です。

  • Aには限られた言葉が入ります。例文を参考にしてください。

例文

  • モデルはカメラマンの要求にこたえて、様々なポーズをとった。
  • 今晩は妻と子どものリクエストにこたえて、すき焼きを作ることにした。
  • とにかく愛情を持って育てれば、子どもは親の気持ちに応えて成長してくれます。
  • 顧客からの要望に応えて、限定だった商品を再生産することに決定した。
  • 選手達はファン達の声にこたえて、史上初となる決勝戦進出を果たした。
  • 田中先生はできるだけ患者の希望にこたえる治療法をするようにしています。
  • 新しい営業部長は社長の期待に応える素晴らしい活躍を見せている。
  • 鳴り止まないアンコールに応えて、メンバー達はもう一度ステージに登場した。

【参考】類似表現

  • 〜に沿(そ)って
スポンサーリンク
スポンサーリンク