【N2文法】<名詞>にしたら・にすれば・にしてみれば・にしても

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。89回目は立場・視点から言うとという意味の「<名詞>にしたら・にすれば・にしてみれば・にしても」という文型とその例文を紹介します。

<名詞>にしたら・にすれば・にしてみれば・にしても

  • 「Aにしたら・にすれば・にしてみれば・にしても」は「Aの立場で考えると、〜だろう。」という意味です。
  • 普通、Aには自分以外のがきます。(例外もあります。)
  • BにはAの気持ちや考えを推量する文がはいります

例文

  • 外国人にしたら、この日本語はわかりにくいだろう。
  • 学生にしたら、10000円は大金でしょう。
  • 彼女がなんとなく言った言葉だったが、言われた方にすればひどく傷ついただろう。
  • 恋人がいない人にすれば、クリスマスやバレンタインデーなどどうでもいい日に違いない。
  • 彼はもう30歳だが、親にしてみればいつまでも子どもに見えるのだろう。
  • 祖母は結婚してもずっと働き続けた。当時にしてみれば珍しい女性だったはずだ。

にしても

  • 彼は私にいろいろ不満があるようだが、私にしても同じだ。

【参考】類似文型

  • 〜からみると・からみれば
  • 〜からすると
  • 〜にとって
スポンサーリンク
スポンサーリンク