【N2文法】<名詞>に限って

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。24回目は「特別な場合」の意味である「<名詞>に限って」という文型とその例文を紹介します。

読み方

「限って」は「かぎって」と読みます。

A:<名詞>に限って

「Aに限ってB」は3つの意味があります。

1つ目は「Aの場合だけは、絶対Bない。」という意味です。

→「信じられない」という話し手の気持ちを表します。

Aの意味の例文

  • 警察から電話だって?うちの息子に限って、何か悪いことをするはずがないだろう。
  • リーさんに限って、約束を忘れることはないと思うけど。
  • あの会社に限って、倒産するなんて考えられませんでした。
  • あの国が初戦で負けたなんてありえないよ。世界ランキング2位なのに・・・。

B:<名詞>に限って

2つ目は「Aの場合に特別にBだ。」という意味です。

→「いつもは・他の場合は、そうじゃないけど、Aの場合だけ特別に」という意味があります。

Bの意味の例文

いつもまっすぐ家に帰ってくる夫が、今日に限って遅い。何かあったのだろうか。

このチョコレートは北海道に限って販売されている。

この手当ては正社員の人に限って、支払われるものだ。

クラスの友人が試験に苦戦している中、彼に限っては余裕で答え終わったようだ。

C:<名詞>に限って

3つ目は「Aの場合、だいたいいつも運悪くBだ。」という意味です。

→「良くない状況になる」という文が続きます。話者の不満を表します。

Cの意味の例文

  • ほしいと思った服に限って、サイズがないことが多い。
  • 親切そうに話しかけてくる人に限って、悪いことを考えているものだ。
  • 新しい靴を履いて来た日に限って、天気が悪くなる。
  • 田中さんは仕事が忙しいときに限って、会社を休む。
  • 予定を入れていた日に限って、子どもの体調が悪くなる。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク