【N2文法】<普通形>ものの、とはいうものの

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。61回目は逆接の意味の「<普通形>ものの、とはいうものの」という文型とその例文を紹介します。

<普通形*>ものの、とはいうものの

*普通形の接続について、以下のようになります。

【〜ものの】

  • な形容詞:な形容詞な・である・だった
  • 名詞:名詞の・である・だった+ものの

【〜とはいうものの】

  • な形容詞:だ/は省略可能)
  • 名詞:だ/は省略可能)

「A(の)にもかかわらずB」は「Aは事実だ、確かだ。しかしB。」という意味です。

  • Aから予想・期待されることと、Bの現実が違うと言いたい時に使います。
  • 文頭で「とはいうものの、〜」という使い方もできます。

例文

  • 日本語試験のために本を何冊も買ったものの、ほとんど勉強しなかった。
  • 熱は下がったものの、元気になるまでにはまだ数日かかりそうだ。
  • 近くの人が助けてくれたからよかったものの、一人だったら大変なことになるところだった
  • 仕事で会えないのは仕方ないものの、もう少し早く連絡すべきだ。
  • 会社の飲み会は 面倒な/である ものの、たまに参加するようにしている。
  • 初日はあいにくの雨だったものの、大勢の人が店の前に並んでいた。
  • 他人にほめられれば嬉しい。とはいうものの、明らかなお世辞は嫌です。
  • 「お客様は神様だ」とはいうものの、どうしても無理な要望もある。

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク