【教案】「テーマ別 中級から学ぶ日本語<三訂版>」第6課「つたえる」

「テーマ別中級から学ぶ日本語」
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
テーマ別 中級から学ぶ日本語<三訂版>」の教案を載せています。主に「使いましょう」の文型導入を中心に書いていきます。第6課のテーマは「伝える」です。本文は言葉の伝え方について書かれています。

新しい言葉

(詳しく説明する語彙)

  • 蒸し暑い:「湿度高く、風がなくて暑い」意味。
  • 特急:「特急」「準急」「普通」などの電車の種類があることを説明します。
  • 乗車する:「(電車・バスなど)乗車する」の形で使います。
  • 必要な:「〜が必要 だ/がある」なども使えます。例)毎日運動する必要がある。
  • ちょっとした〜:「小さな」と言う意味と「かなりの」と言う意味があります。例)本を借りたので、ちょっとしたお菓子を渡した。/あの事件の後、彼はこの街ではちょっとした有名人になった。
  • 気にかかる:「〜気にかかる」と使います。「なんとなく心のどこかで引っかかっている」と言う意味です。例)友達の様子がおかしかったので、ずっと気にかかっている。似た意味の「気にする」は「心に留める、大丈夫かなと思う」と言う意味で、意識して心に留めている点が違います。例)メアリーさんは中学生になって、人の目を気にするようになりました。
  • 気に入る:「〜気に入る/入っている」と使います。「〜がお気に入りだ/お気に入りの<名詞>」という用法もあります。
  • 離れる:「〜を/から 離れる」と使います。
  • 投書する:意見・苦情などの書状を関係機関に送ることです。例)ラジオ番組に投書する。
  • うんざりする:「〜うんざりする」と使います。物事に飽きて、嫌になると言う意味です。
  • 目にする:「たまたま見る」と言う意味です。
  • 確か な/に:間違いなく、はっきりしたことだという意味です。

使いましょう

A:<名詞>*とか、<名詞>とか、〜

  • *「とか」の前は名詞の他に<動詞・い形容詞・な形容詞・名詞>の普通形も使えます。また普通の文も使えます。
  • 伝聞の意味と間違えないように注意します。(例:ニュースで明日の試合は中止だとか言ってるよ。)

A:どんな映画が好きですか。

B:そうですね。アクションとか、SFとか好きです。

**

A:今日は何を買いたいの?

B:かわいい服とかかばんとか買いたいなあ。

**

A:大学の生活はどう?

B:授業の準備とか、アルバイトとかで、毎日やることがいっぱいだよ。

**

A:Cさん、結婚してご主人とアメリカに行くそうだよ。

B:そうなんだ。あ、Dさんにお子さんが生まれたそうだよ。

→最近は、同僚が結婚するとか、知り合いに子どもが生まれたとか、嬉しいニュースが多いです。

**

A:仕事が大変で、よく眠れないんだ。

B:スポーツをするとか、大声で歌うとかして、ストレスを溜めない方がいいよ。

**

A:今の仕事に不満はありますか。

B:そうですね、通勤が大変だとか、給料が安いとかでしょうか。

**

美術館のパンフレットには色々な注意書きが書いてあります。「タバコを吸うな」「ご飯を食べるな」「飲み物を持つな」。美術館のパンフレットにはタバコを吸うなとか、ご飯を食べるなとか書いてあります。

**

  • 使いましょうA

B:<名詞/文(普通形)>といっても、〜。

  • その言葉から想像されるイメージと現実がずいぶん違っているという意味です。
  • 会話文では「〜といったって」も使います。
  • 〜たって」も使えます。(例:宝くじに当たったたって、300円だよ)。主に男性が使うときが多いです。かなりラフな言い方なので、聞かれたら説明する程度に留めます。

A:リーさんは社長です。

B:へえ凄いですね!

A:社長といっても、社員は3人だけですよ。

B:え・・あ・・・そうですか。

**

A:Cさん、宝くじが当たったんだって。

B:へえ、すごいなあ。うらやましいなあ。あ!Cさん!聞きましたよ。宝くじが当たったんだって?

C:ええ、まあ。当たったといっても1000円ですよ。

B:それだけですか・・・

**

A:中国語が話せるそうですね。

B:いえいえ、話せるといっても、仕事で使えるほどではありません。

A:それでも凄いですよ!

**

A:ドイツに出張するの?すごいね。

B:いえ、出張といっても、先輩の手伝いをするだけで、特別なことはしません。

**

  • 使いましょうB



C-1①:<動詞辞書形/動詞ない形>ものだ

ポイント

ここでは注意、アドバイスの意味で教えるので、「ものだ」の前の品詞は「動詞の辞書形とない形」に限定します。

知識

  • 名詞は「〜という」をつけると使えます。(例:礼儀というものだ)
  • 「<名詞>であるものだ」は役割・立場・状態を表す場合に使います。
  • 「〜ものじゃない」は批判っぽくなります。

社員:遅れてすみません。

課長:どうしたんだ。みんな心配していたよ。

社員:電車に乗り間違えてしまったんです。

課長:分かった。でも、遅れるときは連絡するものだよ。

***

女の人A:今度の結婚式、この服着て行こうかな。

女の人B:え?結婚式で白い服を着るのは花嫁さんだけだよ。

女の人A:そうなの?私の国では普通だよ。

女の人B:日本では、参加する人は白い服を着ないものなんですよ。

練習

T:ご飯を食べる前は?

S:「いただきます」というものです。/手を洗うものです。お菓子を食べないものです

T:ご飯を食べた後は?

S:「ご馳走さま」というものです。/歯を磨くものです

T:友達の家に招待されたときは?

S:お土産を持っていくものです/時間を守るものです

C-1①:<動詞/い形容詞/な形容詞 の名詞修飾型>ものだ

  • こちらの文型は「本当に〜だ」という意味で、話している人の驚きや「すごい」という気持ちを表します。形容詞が使われることが多いです。
  • C-1①もC-1②の「ものだ」も「他の人も同じように思う」という意味を含むので、深いレベルでみると同じ意味です。
  • 文型導入の前に「ずいぶん」の意味を確認しておきましょう

→ずいぶん:思っていた以上に程度や量が多い

一般的な意見(他の人も同じ考えだろうという前提)

A:もう12月だね。今年が終わっちゃうよ、

B:本当だね。時間が過ぎるのは速いものだね。

**

A:昨日髪が一本白くなってたんだ。

B:私なんてよく見つけるよ。年を取るのは嫌なものだなあ。

***

そう聞いていたけど、本当にそうだなと実感した

A:Bさんのお子さんももうすぐ大学卒業ですね!

B:はい、この前小学校に入ったばかりだと思っていたのに・・・

A:子どもはすぐに大きくなるものですね。

***

長い間そう思っている(自分の中での一般化)

A:中国語を勉強し始めたんですが、難しいですね。

B:新しい言葉は毎日練習しても、なかなか覚えられないものですよ

***

過去の経験の有無に関係なく、びっくり

A:この町に住んでいたのはいつ頃ですか。

B:10年以上も前ですよ。この町もずいぶん変わったものですね

***

  • 使いましょうC-1

C-2:<動詞辞書形>ものではない

「一般的な常識から考えて〜という考えは間違っている。」という意味です。

A:初めまして。Bさんはおいくつなんですか。

B:え・・・

C:初めて会う女の人に年齢を聞くものではないよ。

**

子ども:クラスの太郎くん、本当に頭が悪いんだよ!

母:やめなさい。人の悪口をいうものではありません。

**

弟:あの人顔が怖いから、友達になりたくないよ・・・

兄:話もせずに、人を判断するものではないよ。

**

部下:すみません。遅れました。

部長:大事な会議があるときは、遅れるものではないよ。

**

兄:あそこ何かいるよ〜おばけかなあ!

妹:ふえええ・・

母:妹を怖がらせる/泣かせる ようなことを言うものではありません。

**

A:ゴホッ・・レポート・もうちょっとで終わります。

B:後はやっておくよ。風邪をひいているのに、無理をするものではないよ。

  • 使いましょうC-2

D:<動詞た形/>つもり だった が/ので、〜。

思いこみ/勘違い

T:田中さんは寝坊したので、急いで準備しました。ご飯を食べて、シャワーを浴びて、エアコンを消して、出かけました。夜、会社から帰りました。「あれ、エアコンが消えていない。」

→エアコンを消したつもりだったが、消えていなかった。

***

A:これひとつください。

B:はい、3000円です。

(家へ帰りました)

A:あ!これはMサイズだ!間違えた。

買ったのはLサイズのつもりだったので、Sサイズの服を持って帰ってきてしまった。

**

A:風邪はもう治ったんですか.

B:ええ、もう大丈夫です。・・・ゴホッ!

A:今日は帰った方がいいですよ。

自分では大丈夫なつもりだったので、会社で咳が出たときは驚いた。

自分と他人との違い

A:今日の顔、どう?

B:ん?いつもと同じじゃない?

綺麗に化粧したつもりだったが、彼にいつもと同じだと言われた。

***

A:レポートができました。みてください。

B:こことここが変だね。もう一度書き直してくれる?

A:え・・・わかりました。

自分ではよくできたつもりだったので、部長にレポートを書き直すように言われるとは思わなかった。

  • 使いましょうD
スポンサーリンク
スポンサーリンク