【N2文法】<普通形>に違いない/相違ない

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。105回目は確信を持った時に使う「<普通形>に違いない/相違ない」という文型とその例文を紹介します。

<普通形*>に違いない/相違ない

漢字の読み方

  • 違いない:ちがいない
  • 相違ない:そういない

接続について

  • 普通形ですが、な形容詞と名詞の「だ」はつきません。「<な形容詞>である」「<名詞>である」も使えます。
  • 理由の「から」を使って、「普通形+から に違いない・相違ない」という言い方もできます。
  • 「Aに違いない」は「間違いなく、絶対にAだ」という意味です。
  • 「相違ない」の方がより硬い、改まった言い方です。

例文

違いない

今晩は曇っていて、月が見えない。明日の天気は雨だ。

今晩の天気を見て、明日の天気は雨に違いないと思った。

**

出かけようと誘ったが、田中さんから返事がない。

朝が苦手な田中さんのことだから、まだ寝ているに違いない。

**

田中さんはいつもおいしそうなお弁当を持ってきている。

A:今日もおいしそうですね。毎日すごいですね。

田中:実は、私は料理はしないんです。母が作っているんです。

田中さんは料理が上手に違いないと思っていたが、実はお母さんが作っているということがわかった。

**

A:もう食べないんですか。

B:あ・・・もうお腹がいっぱいで・・・。

→気を使って言わなかったが、ミラーさんが食事を残したのは、料理が口に合わなかったからに違いない。

**

A:その時計、素敵なデザインですね。

B:スイスで買ったんですよ。

スイスで買った時計なんて、高いに違いない。

相違ない

  • 毎日勉強してきたのだから、今度こそN1に合格するに相違ない。
  • この状況でオリンピックを開催するのは難しいに相違ない。
  • 有名企業の社長なら、いつも多忙であるに相違ない。
  • 多くの人が同じ証言をしているので、あの話は真実に相違ない

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク