【N2文法】<普通形>ばかりか

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。26回目は非限定の意味である「<普通形>ばかりか」という文型とその例文を紹介します。

<普通形*>ばかりか

*接続について

普通形ですが、以下注意です。

  • な形容詞:<な形容詞>な/である/だった
  • 名詞:<名詞>/<名詞>である/だった

「AばかりかB」は「Aだけでも 十分な/普通じゃない のに、さらにB〜」という意味です。

  • いい意味でも悪い意味でも使います。
  • 意外な、びっくりした気持ちを表します。

例文

  • 親切な老人は道を案内してくれたばかりか、子どもにお菓子までくれた。
  • 彼は約束の時間に遅れたばかりか、デートもつまらなかったので、二度と会わないことにした。
  • 正しく叱らなければ、子どもは反省しないばかりか、さらに態度が悪くなるかもしれません。
  • ホテルの部屋は狭いばかりか、シャワーさえなかった。
  • 深夜の残業は時間の無駄なばかりか、社内の評価が下がる原因にもなる。
  • お酒を一気に飲むと危険であるばかりか、命に関わる可能性もある。
  • あの歌の人気は日本国内ばかりか、海外まで拡大している。
  • 彼女は世界的な女優であるばかりか、5人の子どもを持つ母親でもあります。
  • この歌を作った時の彼は学生だったばかりか、まだたった17歳でした。

【参考】類似表現

【N2文法】<普通形>のみならず

【N2文法】<名詞>に限らず

【N1文法】<動詞普通形/名詞(である)> にとどまらず

【N1文法】<名詞(+助詞)> はおろか

スポンサーリンク
スポンサーリンク