【N1文法】<動詞ない形>+んがため(に)、〜

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法47回目です。目的の意味を表す「<動詞ない形>+んがため(に)、〜」という文型の意味と例文を紹介します。

<動詞ない形>+んがため(に)、〜

「ない形」の接続について

  • 3グループの「します」は「しんがために」ではなく、「せんがために」という形になります!

後件の接続について

「〜せんがため」「〜せんがため」は同様に使えます。名詞につなげる場合は「〜せんがため<名詞>」となります。

「Aんがために、B」は「AするためにBする。」という意味です。「Aの目的を達成する」という強い意志を表します。

Aの部分は意志動詞が入ります。意志動詞とその対の無意志動詞についてはは「みんなの日本語36課」で勉強しました。忘れている場合、ここでも復習します。

  • 意志動詞:自分でコントロールできる動詞。(行きます、食べます、勉強します、など。)
  • 無意志動詞:コントロールできない動詞。(可能動詞、見えます、わかります、など。)

Bの部分も自分が意志を持ってする行為が入ります。

相手に対する働きかけの文(〜てください、〜しろ、〜ましょう、〜なさい)などは使いません。

古い言葉で、日常には使いません。

書き言葉や、スピーチなどの場面で使います。文型の硬いニュアンスが伝わるように、例文も日常的なものを出すのは避けましょう。

例文

  • 彼は多くの命を救わんがために、何千ものビザを用意した。
  • 香港の人々の権利を守らんがため、今こそ日本政府は行動すべきだ。
  • 監督としての責任を果たさんがために、選手とともに頑張りたいと思います。
  • 祖母はより長く生きんがために、胃の手術をすることにしました。
  • 今回の選挙に勝たんがため、毎朝5時に駅前で演説を行った。
  • 多くの留学生は学費と生活費を得んがために、深夜までアルバイトしている。
  • 夢を実現させんがために、会社を辞めることにした。
  • ハリウッド映画を完成させんがための資金は、一本100億円になることもあるそうだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク