【N1文法】<名詞>+あっての+<名詞>

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法76回目です。強調の意味を持つ「<名詞>+あっての+<名詞>」という文型の意味と例文を紹介しています。

<名詞>+あっての+<名詞>

  • 「AあってのB」は「Aがあるからこそ、Bができる。」「AがなければBはあり得ない。」という意味です。
  • AはBにとって必要不可欠だと言いたい時に使います。
  • ことわざで、「命あっての物種(ものだね)」という言い方があります。「命があってこそなんでもできる。」という意味で、危ないことをするなと言いたい時に使います。
  • あっての」という言い方もあります。

例文

  • お客様あっての商売なので、彼らを裏切ることをしてはいけません。
  • 健康あっての美しさですから、無理なダイエットには反対です。
  • こうやって仕事を頑張れるのも、家族あってのことです。
  • 教室で偉そうにする先生は学生あっての学校だという意識がない。
  • 愛あっての結婚だから上手くいくのであって、今時の条件重視の婚活は注意したほうがいい。
  • 相手あってのスピーチだから、一方的に話すだけでは伝わらない。
  • もう少しで頂上だけど、今日は引き返そう。命あっての物種だよ。
  • 市民のみなさんの支持があっての当選です。ありがとうございます。
  • 彼女の行動は何か意図があってのことなのだろうか。
  • 漫画だけでは日本語はなかなか上手にならない。基礎があっての応用です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク