【N2文法】<動詞ます形/ない形/い形+い/な形・名詞(であり)>+ながら(も)【のに/けれども】

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。62回目は逆接の意味の「<動詞ます形/ない形/い形+い/な形・名詞(であり)>+ながら(も)」という文型とその例文を紹介します。

<動詞ます形/ない形/い形+い/な形・名詞(であり)>+ながら(も)

*接続について

  • 動詞ます形の「ます」部分は省略します。

「Aながら(も)B」は「Aしようと思うけれども、それが思いに反して実現しない。」「この状況ならAが普通なのに、そうではない。」という意味です。

  • 動詞に接続するときはこの逆接の「ながら」なのか、同時の「ながら」(みんなの日本語28課)なのか文から判断します。

例文

  • 勉強しようと思いながら、寝てしまいました。
  • 友人はお金がないながら、楽しく生活しているそうです。
  • 彼はメアリーさんと婚約しておきながら、毎晩他の女性と遊んでいるようです。
  • 父は「今度遊園地に連れて行く」と言っておきながら、今週の週末も疲れて寝ていました。
  • 彼はおばあさんが困っているのを知っていながら、恥ずかしくて、「どうぞ」ということができませんでした。
  • 小さい店ながらメニューがたくさんあって、サービスもいいです。
  • 残念ながら、その日は出席できそうにありません。
  • 花子は子どもながらも、プロに負けない料理を作ることができる。
  • 彼はものすごい金持ちでありながらも、贅沢はせず毎日普通に暮らしている。

【特別な使い方(副詞的用法)】

  • 今さらながら*健康ほど大切なものはないと気づきました。(*今になって:もっと早ければともかく、今となっては遅すぎる)
  • 恥ずかしながら*、最近までこの感じの読み方を間違えていました。(*恥ずかしいことだが)

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク