【N1文法】<名詞>にして【慣用句・驚きの気持ち】

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法123回目です。驚きの気持ちを表す「<名詞>にして」という文型の意味と例文を紹介しています。

<名詞>にして

「Aにして」は「Aで」「Aであって、しかも」という意味です。

  • 慣用句的な言い方で、限られた言葉につきます。

例文

  • 2年前祖母に病気が見つかったが、幸いにして手術が成功し今日も元気に生活している。
  • 彼は生涯素晴らしい絵を描き続けたが、不幸にして生きている間に評価されることはなかった。
  • 子どもの笑顔を見ると、仕事のストレスが一瞬にして吹き飛んでしまう。
  • 学校で大きな問題が発生し、緊急にして教員全員が集められた。
  • 大きな火事が起こり一晩にして、建物がなくなってしまった。
  • その薬を飲んですぐ寝たら、一夜にして風邪が治りました。

参考

【N1文法】<名詞>にして【強調】

N1の学習におすすめの本・書籍

学習者向け・練習テキスト

講師向け・文型辞典

説明が丁寧で・例文豊富で難易度も適切なバランスのいい本です。例文にはふりがながありますので、学習者も使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク