確定申告が無事終了しました!【日本語教師×フリーランス】

日本語教育の関連話
スポンサーリンク

確定申告が終了!スッキリした!

本日無事に確定申告が終わりました。人生初めての経験だったので、何にも知らないで挑みましたが、必要な書類を揃え、書類作成会場に持ち込んだら想像より早く終わりました。

日本語教師は専任なのはむしろ少数派で、フリーランス、副業、複数の学校に掛け持ち勤務など働き方が多様です。かつ転職も頻繁な業界なので、結構関係してくる人がいますよね。きっと私より詳しい人も大勢いるでしょう。

もし「した方がいいかわからない」という人はとりあえず相談に行くのがオススメです。国税庁のホームページに情報があります。

確定申告いるの?何がわからないかわからない・・・

去年の途中にもう正社員の資格がなくなったので、きっと確定申告がいるんだろうなあ、とは気づいていました。会社員時代の源泉徴収票はとっておいたので問題ないのですが、その後にフリーで得たお給料はどうやってまとめればいいのかがよくわからない(汗)経費って何が経費になるの(泣)、結婚したけどそれは関係あるのかわからないなあ。いろいろ考えると頭痛い(疲)・・・と逃げて放置していたら、確定申告期間が始まってしまいました。

2019年の確定申告

  • 2月18日(月)~3月15日(金)

脱税ダメ、絶対!

と焦ってようやく取り掛かりました。とりあえず、全くのゼロだったので基本的な知識を手に入れようと

こちらの漫画を3回読んで、基礎知識をつけました。同年代の漫画家さんが書いていて、状況が似ていてわかりやすかったです。(彼女も元大学職員だったのも親近感)

去年発売されたばかりの本なので、最新の情報が載っています。確定申告のことだけじゃなくて、扶養のこと、各種控除のこと、国民健康保険のこと、住民税の仕組み、ふるさと納税のこと、会社に秘密で副業する方法など、リアルに知りたい情報がてんこ盛りでした。

ここでようやく

  • 確定申告した方がいい。
  • 私は白色申告。
  • 所得・経費は自分でまとめる。
  • 書類作成会場に行けば無料で相談に乗ってくれる人がいる。

ということが判明しました。

申請書作成コーナーのお兄さんが優しかった!

さて、去年一年の所得がわかるものと経費をまとめたものを持って、管轄のコーナーへ行きました。(国税庁のホームページから調べられます。)

案内係のお姉さんに「初めてなのでいろいろ質問したいんですけど」と行ったところ「準備コーナー」というところに案内してもらいました。待ち時間は10分ぐらいだったと思います。

:去年◯月までここで働いていて、それから〜〜ですけど、何をどうすればいいんでしょうか。

専門家のお兄さん:それなら。こことここを書いてください。数字はまとめてありますか。

:ええ、昨日まとめました。(かばんをガサゴソしている)・・・ちょっっと待ってください。・・まとめた紙をなくしました!電卓を借りてもいいですかッ???

専門家のお兄さん:ええっ(笑)ああ、どうぞ。

CHIYO
何を焦ったのか、前日に半日かけてまとめた紙を忘れ、その場でお兄さんの電卓を借りて最初から計算しました。もう一度並び直せとも言わず、笑って待っててくれたお兄さん・・ありがとうございました。

:できましたっ。

専門家のお兄さん:じゃあ書いてしまいますね。それではこのままパソコンコーナーにお進みください。

:はい!(今日中に終わりそうだ〜。嬉しい!)

パソコン入力は、あっという間です。

パソコンコーナーに行くと「パソコン操作は問題ないか」と聞かれ、大丈夫だというとすぐ案内されました。操作はアマゾンや楽天で買い物したことがある人なら、問題なくできるレベルです。最後にマイナンバーカードが必要でした。係りの人が近くにいて最終チェックもしてくれます。安心安心。

**

と、こんな感じで初めての確定申告が終わりました。

自分で悩んでる時間はもったいないので、書類を用意して(税金を払いすぎている可能性が高い人は通帳も)、管轄の税務署や申告書作成コーナーに行ってみてくださいね。2日間いろいろ面倒だったけど、おわった今としては、いい経験になりました!社会人レベルが1アップした気分です。

会計ソフトもあります。
会計ソフトfreeeの確定申告
スポンサーリンク
スポンサーリンク