シンガポールを選んだ理由

Japanese Culture
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/

私は大学在学中に日本語教師の資格を養成講座で取りました。

アジアに住みたい!と最初は求人が多い中国やインドなどを

中心に探していました。 しかし初めての一人暮らし・・そして海外暮らしの

私にとっては少しハードルが高く感じていました。

両親も不安そうな感じ。

どうしようかなと思っていたところに養成講座で仲よくなったTちゃんが

「シンガポールに決まりました」との連絡をもらいました。

(シンガポールって、あの英語の教科書に載ってたゴミ捨て罰金の国か!)

早速調べてみると、いろんな情報が集まって来ました。

・英語が通じる。カタコトでも大丈夫。
・安全
・日本人に優しい。
・共働きが多いので、外食中心文化が発達している。安くて美味しい。
・お給料がアジア諸国の中では高い割に、生活費があまりかからない。貯金も楽らく!
・多国籍なカルチャーが独立して存在する。中国、インド、マレー、イギリス、アラブ文化などなど。
・一年中暑い。
・アジアのハブ空港チャンギからいろんな周辺国へ行きまくり!

父も仕事で行ったことがあり、シンガポールなら大丈夫だろう
と言ってくれました!

調べれば調べるほど、ここしかない!という気持ちになり
早速Tちゃんと同じ学校に応募!
社長自ら日本へ来て面接してくれて、そのまま採用となりました。

イギリス文化の名残のアフタヌーンティー@フラトンホテル

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク