JLPT(日本語能力試験)N3対策のテキストと今後のブログについて

「新日本語の中級」
スポンサーリンク
CHIYO
「新日本語の中級」の教案が終了したので、このぐらいで受けられるJLPT(日本語能力試験)N3のおすすめ対策本をご紹介します。また今後のブログで扱う教科書についても書いています。

JLPTN3のレベルはどのぐらい?

公式のホームページによるとN3はこのぐらいのレベルだそうです。

日常的にちじょうてき場面ばめん使つかわれる日本語にほんごをある程度ていど理解りかいすることができる

  • 日常的にちじょうてき話題わだいについてかれた具体的ぐたいてき内容ないようあらわ文章ぶんしょうを、んで理解りかいすることができる。
  • 新聞しんぶん見出みだしなどから情報じょうほう概要がいようをつかむことができる。
  • 日常的にちじょうてき場面ばめんにする難易度なんいどがややたか文章ぶんしょうは、表現ひょうげんあたえられれば、要旨ようし理解りかいすることができる。
  • 日常的にちじょうてき場面ばめんで、やや自然しぜんちかいスピードのまとまりのある会話かいわいて、はなし具体的ぐたいてき内容ないよう登場人物とうじょうじんぶつ関係かんけいなどとあわせてほぼ理解りかいできる。

N3は非漢字圏でも高い可能性で合格を狙えるレベルです。受験の際に合格条件にしている専門学校もあります。N5、N4は知識が到達しているかの確認と復習ぐらいの役割の資格ですが、ここから非漢字圏なら「願書にかける」レベルの資格だと言えます。

また漢字が得意な学生、勘がいい学生は十分独学で合格できます。

プライベートレッスンで中華系マレーシア人の授業をしていたのですが、「新日本語の中級」の授業がまだ終わらないうちに一人で受験して合格していました。

以下テキストです。日本語教育業界ではどれも有名で、いろいろな日本語学校で使用されているものです。参考程度にしてください。

文字語彙

英語・中国語・韓国語の3か国語訳付きです。見出し語は2,000以上。N3の範囲を十分にカバーしています。例文の部分はCDもついてきます。例文はシンプルでわかりやすいです。

文法・読解

英語・中国語・韓国語の3か国語訳付きです。はじめにイラスト有りで例文と説明が書かれていて、その後に関連した問題が出題されます。解説は詳しくないので、似ている文型は教員がフォローして教えましょう。試験問題を作成するときにも参考にしやすいです。

学生を本屋に連れて行って選ばせるとこれを手に取ることが多いです。

聴解

英語・中国語・韓国語の3か国語訳付きです。本番試験に似た問題がたくさん練習できます。

次は「テーマ別中級から学ぶ日本語」を始めます

これでN3の話はおしまいです。

次回からは『テーマ別 中級から学ぶ日本語 〈三訂版〉』を始めます。実は私が教えたことがあるのはこの一つ前の教科書なのですが、2014年に刷新されたようですね。旧版は教えているときに、扱いにくいテーマが多くて、説明が大変だったのでありがたいです。この本ではN3,N2の文型を取り扱っています。大きく内容は変わっていますが構成は同じなので、新しい気持ちで教案を作成してみたいと思います。

2018/11/20追記:海外では旧版を使っている学校もあるし、新旧を比べたいのでやはり両方の教案を書いていきます。旧版は全25課、新版は全20課です。

それでは明日からの授業頑張ってください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク