【N2文法】<動詞て形>はじめて〜

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。11回目は最初の体験・行為の意味の「<動詞て形>はじめて〜」という文型とその例文を紹介します。

<動詞て形>はじめて〜

「AてはじめてB」は「①Aて、その時初めてB /Aて、やっとB」「②Aの条件が満たされた後に、初めてB(成立条件)」という意味です。

  • Bには「新しいことが起こる・何かに気がつく・何かが実現する」という内容の文がきます。
  • Bには意思や依頼の表現は来ません。

例文

  • 日本に来て初めて桜を見ました。
  • 新聞を読んで初めて、被害の大きさを知りました。
  • 失って初めて彼の優しさや大切さに気づいたんです。
  • 18歳のとき、生まれて初めて実家を出て一人暮らしを始めました。
  • 外国で暮らして初めて、自分の国の文化に興味を持つようになりました。
  • その映画は2回見て初めて、話がわかりました。
  • その大学は先生の推薦があって初めて受験できます。
  • 人に言われて初めて、自分の長所がわかりました。
  • 田舎の生活は車があって初めて機能する。
  • 教育は先生と生徒の信頼があって初めて成立します。
  • 結婚して初めて夫の実家に連れて行ってもらいました。
  • 病気で入院して初めて、普通の生活が送れる幸せを理解しました。

【参考】類似表現

  • 〜てこそ
スポンサーリンク
スポンサーリンク