【N1文法】数詞+<からある/からする/からの>+名詞

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法77回目です。強調の意味を持つ「数詞+<からある/からする/からの>+名詞」という文型の意味と例文を紹介しています。

数詞+<からある/からする/からの>+名詞

  • 「Aからある/からする/からのB」は「A(数量)あるB」「実際はA以上ある」という意味です。
  • Aの数量が多い、大きい、長いということを強調したい時に使います。
  • 物(大きさ、量、長さ、重さ)は「からある(からの)」を使います。
  • 値段は「からする」をよく使います。
  • 人数は「からの」を使います。

例文

  • 祖母は200枚からある年賀状を毎年お世話になった人たちに送っている。
  • ピラミッドを作るために2.5トンからある岩を毎日ソリで運んだそうだ。
  • 田舎にいた頃は5キロからある山道を通って学校に通っていた。
  • 中村選手は30メートルからのロングシュートを決め、チームを勝利に導いた。
  • 深海で泳ぐ18メートルからある巨大なイカを撮影することに成功した。
  • 彼は彼女に結婚を申し込むために、100万円からする指輪を購入した。
  • 東京中心部の家賃は狭くても10万円からするのには驚いた。
  • 激しい豪雨から2ヶ月経ったが、900人からの人々が避難生活を続けている。
  • 新しい条例へ抗議するデモが行われ、200万人からの人々が通りに集まった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク