【N2文法】<動詞/い形容詞/な形容詞/名詞>の普通形*からといって〜【逆接】

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。64回目は逆接の意味の「<動詞/い形容詞/な形容詞/名詞>の普通形*からといって〜」という文型とその例文を紹介します。

<動詞/い形容詞/な形容詞/名詞>の普通形*からといって〜

  • 普通形ですが、な形容詞と名詞は「〜である」の形でもいいです。

「AからといってB」は「たとえAという理由や事実があっても、B。」「Aから当然考えられることとは違って、B。」という意味です。

  • Bには否定の表現が入ります。(「わけではない」「とはかぎらない」「とはいえない」)
  • よりカジュアルな表現で「AからってB」という形も使えます。

例文

  • アメリカに住んでいるからと言って、英語が話せるとは限らない。
  • 可愛い彼女がいるからといって、自慢ばかりするな。
  • 日本人だからといって、敬語が使える/敬語が完璧だ とはいえないよ。
  • 日本人だからといって、みんな寿司が好きというわけじゃないよ。
  • ラーメンが好きだからといって、毎日食べていては太ってしまいますよ。
  • 仲がいいからって、借りたお金を返さないのはだめだよ。
  • いくら暇だからといって、仕事中にユーチューブを見ないでください。
  • 古い映画だからといって、つまらないわけではない。
  • 子どもだからといって何をしても許されるというのは間違いです。

【参考】類似文型

「AといってもB」のAは理由じゃないものも使えます。
○:社長といっても社員は3人だ。
×:社長だからといって、社員は3人だ。

「Aものの・とはいうもののB」のBには事実が入ります。「AからといってB」のBでは意見を言います。

  1. お酒が好きなものの、毎日は飲んではいない。
  2. お酒が好きだからといって、毎日飲むものではない。/のまない方がいい/のんだら身体に悪いよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク