みんなの日本語 初級 第38課【教案】

「みんなの日本語 初級I・II」
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
みんなの日本語38課は助詞に気をつけながら進めましょう。文型はシンプルなので大きな混乱はないと思います。強調構文は形の説明だけじゃなく、どういう状況で使うのか理解してもらいましょう。

語彙の追加説明

  • 「気持ちがいい」:外部からの刺激を受けて心地よさを感じるときに使う。

→マッサージは気持ちがいい、山の散歩は気持ちがいい、あの人は挨拶は気持ちがいい

  • 「気持ちが悪い」:外部からの刺激を受けて不快さを感じるときに使う。

→シャワーを浴びないと気持ちが悪い。あの虫は動き方が気持ちが悪い

  • 「気分がいい」:精神的・感情的にいいという場合に使う。病気が回復して体調が良くなった場合にも使う。

→先生に褒められて気分がいい。一晩寝たらかなり気分が良くなった

  • 「気分が悪い」:精神的・感情的にマイナスであるという場合に使う。体調が悪いという意味でも使われる

→昨日恋人と喧嘩して気分が悪い。今日は気分が悪いから早く帰ります

  • <人>に<赤ちゃん/子供>が生まれる:助詞に注意
  • *大きな:連体詞。名詞を修飾するとき以外は使えない。

×あの木は大きなです。

  • 〜という〜:便利な表現なので他の例文も提示する

「ワンピース」という漫画

「ミラーさん」というアメリカ人

「大きな」と「大きい」の違い(学生には説明しない)

続きはnoteの方で有料公開しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク