韓国で食べた美味しいものまとめ【アワビ粥・参鶏湯・チーズタッカルビ・おでん】

Foodie
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/

今回の旅で美味しかったものまとめておきます。外はマイナス7度の世界なので、ほぼレストランに逃げ込んで食べていました。訪韓3回目となりますが、韓国料理は種類が多いので未体験の料理も多く楽しめました。韓国料理は塩分が控えめで、野菜の種類が多く、量がたっぷりなのですごく私好みです。無料でくれる食べ放題キムチのおかげか、お腹パンパンに食べても太らないのもすごく嬉しいです(笑)

朝ごはんは小公粥家の「おかゆ」がおすすめです!

 

View this post on Instagram

 

@chiyosampoがシェアした投稿

早朝に着いたので早速朝ごはんを食べます。こちらは超有名店の小公粥家(ソゴンチュクチプ)でいただきました。私はアワビ、弟はウニを注文しました。アワビは細かく刻まれていて、優しい出汁の味がします。ウニはびっくりするぐらいゴロゴロ入っていて、磯の香りが強烈でした。どちらも塩分はすごく控えめで、優しい味がします。一杯2000円ぐらいの高級おかゆなのですが、記念にぜひ食べてみてください。朝ごはんか、夜の飲み会の締めに良さそうです。

参鶏湯(サムゲタン)はいつもの景福宮の近くの土俗村で

一番好きな韓国料理の一つである参鶏湯!弟は本場で初めて食べるので、超有名店の「土俗村(トソッチョン)」へ連れてきました。伝統的な建物が目印です。定番観光スポットの景福宮(キョンボックン)から歩いて7分ほどの場所にあります。

店内はかなり広いですが、それを上回るお客さんが来るのでランチタイムは行列ができます。寒い中待ちたくないので11時45分と少し早めに着いたところ、ギリギリ席に着くことができました!

説明は日本語があります。ノーマル参鶏湯を注文しました。

注文から10分ほどで熱々の石に入った参鶏湯が出てきました!こっくりした出汁が出ています。鳥が丸々一匹使われていてお腹の中にはナツメ、栗、朝鮮人参、ニンニク、もち米がぎゅうっと入っています。貧血や冷え性もちの人にぴったりのお体が元気になる最強の料理です。毎日食べたいレベルで好きです。


今さら初体験のチーズタッカルビ!

日本で流行していたチーズタッカルビ!やっと食べられました。これは友人の韓国人の旦那様が「シンミギョン弘大タッカルビ」という名店へ連れて行ってくださいました。感想は最高!!です。今回の旅ではこれがBESTヒットでした。

最初にミニチヂミを食べて・・

すでに火が通ったタッカルビが投入されます

 

View this post on Instagram

 

@chiyosampoがシェアした投稿

二種類のチーズが溶けたらお肉やトッポッキに絡めていただきます!味付けにすごくこだわっていて、すごく美味しいんです。しょっぱくないのでごはんなしで大丈夫なレベルです。店員さんも色々な国の人が働いていて、多言語対応できて、すごくいいお店です。

チャミスルとODENで締めます。

チーズタッカルビですでにお腹一杯だったのですが、「もう一軒行こう」とのことでソウル駅近くの飲み屋でチャミスル(韓国焼酎)を飲むことに・・・。韓国ではこのように1日で何軒もはしごするのが普通だそうです。

チャミスルを求めて極寒の地を歩きます・・・

そして、韓国では飲み物だけの注文というのは文化的にしないらしく、必ずおつまみを注文します(笑)絶対食べないと決めていたのですが、おでんが美味しかったのでまた食べてしまいました。

グレープフルーツ味のチャミスルで乾杯!(通常のチャミスルより美味しいです)二年ぶりの再会を存分に楽しむことができました。寒い中案内してくれた友人の旦那様に超感謝です。

CHIYO
감사합니다 / カムサハムニダ!!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク