【N2文法】〜うちに・〜うちは

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。7回目は時間の幅のある言葉につく「〜うちに・〜うちは」という文型とその例文を紹介します。

<動詞辞書形(〜ている)/動詞ない形/い形/な形な/名詞の>うちに、+意思表現

「Aうちに+意思表現」は「Aの状態である間に〜する」という意味です。

  • 「Aの状態じゃなくなったら、するのが難しいので、その前にしてしまう」というときに使います。

例文

  • 赤ちゃんが寝ているうちに、昨日買った本を読もう。
  • 今日習った忘れないうちに、図書館で復習しよう。
  • 若いうちに、色々な国へ旅行したいです。
  • この辺は少し危ないので、明るいうちにホテルに戻りましょう。
  • 仕事が暇なうちにお昼ご飯を食べておこう。
  • 社会人になったら忙しくなるから学生のうちに、たくさん遊ぼう。
  • 面倒なことは朝のうちに済ませておいたほうが楽です。

<動詞辞書形(〜ている)/動詞ない形/い形/な形な/名詞の>うちに、+無意思表現

「Aうちに+無意思表現」は「Aの状態である間に(自然に)変化が起こった」という意味です。

  • 昨日借りたDVDを見ているうちに、朝になってしまいました。
  • その商品を買うか買わないか考えているうちに、他の人が購入してしまいました。
  • ミラーさんはしばらく見ないうちに、やせていました。
  • 夜のうちに雨がやんだようです。

<動詞辞書形/動詞ない形/い形/な形な/名詞の>うちは、〜

「AのうちはB」は「Aしている間は、Bの状態が続ける/続く」と言う意味です。

例文

  • お金があるうちは友達がたくさんいましたが、なくなったら、誰もいなくなりました。
  • 宿題をしないうちは、日本語が上手になりませんよ。
  • 若いうちは少し無理をしても大丈夫だが、年をとるとそれができなくなる。
  • 体が元気なうちは、働いていたいと考えています。
  • 学生のうちは勉強だけしていれば良かったが、会社員になるとしなければならないことが増えた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク