【N1文法】 <名詞>と相まって

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法93回目です。関係を表す「 <名詞>と相まって」という文型の意味と例文を紹介しています。

 <名詞>と相まって

  1. 「相まって」は「あいまって」と読みます。「一緒になって」という意味があります。
  2. AとB(と)が相まって」というかたちもあります。
  3. 「<名詞>と相まった+<名詞>という形もあります。」
  • 「 Aと相まって」は「Aと一緒になって、もっと〜」「Aと結びついて〜」という意味です。
  • 「Aが関係して、その傾向やある特徴が強くなっている。」といいたい時に使います。

例文

  • 沖縄の海は真っ白な砂と相まってとてもきれいでした。
  • 地方の活性化と健康ブームとが相まって、日本の温泉が注目されています。
  • ゲームをする人はSNSの流行などと相まって年々増加している。
  • 人気バンドの日本公演は光の演出とも相まって幻想的なムードに包まれていた。
  • そのブランドは大人っぽさと、可愛らしさが相まったデザインが特徴でで、中学生に人気だ。
  • そのお菓子の甘さとしょっぱさが相まった味にはまってしまい、毎日のように食べている。
  • 少子高齢化と人口の東京集中化が相まって、これまで地方で守ってきた伝統文化はなくなりつつある。
  • 高齢者はもともと体内水分量が少ないことと、喉の渇きを感じにくくなっていることとが相まって熱中症になりやすい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク