【N1文法】 <名詞>に堪えない

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法88回目です。強い感情を表す「 <名詞>に堪えない」という文型の意味と例文を紹介しています。

<名詞>に堪えない

「堪えない」は「えない」と読みます。
  • 「<名詞>に堪えない」は「Aの感情をおさえられない」「我慢できないほどAだ」という意味です。
  • 「感謝・悲しみ・同情」などの感情を表す名詞につきます
  • 「見る・聞く・読む」などとつかう「〜に堪えない」は「Aの価値がない」という意味になります。「Aの価値がない」の文法解説はこちらです。

例文

  • 田中先生のおかげで、無事合格できました。お世話になり感謝に堪えません。
  • 長年ともに暮らしてきた猫が死んでしまい、悲しみに堪えない
  • クラス全員が本日の卒業式を迎えられたことは、喜びにたえません。
  • 無責任な飼い主に捨てられてしまった犬がたくさんいると知り、同情に堪えない。
  • 応援していた有名人から手紙の返事をもらえて、感激に堪えません。
  • 50年仕事だけしてきたが、友人をもっと大切にすればよかったと後悔の念に堪えません。
  • 大統領の差別発言に対し、女性たちは憤慨*に堪えないと抗議した。(*憤慨:ふんがい:ひどく怒ること。)
  • 弊社のミスで、お客様の個人情報が流出してしまい、慙愧の念に堪えないところでございます。(*慙愧:ざんき:自分の言動を反省して恥ずかしいと思うこと。)

【参照】類似する文型

  • 〜を禁じ得ない
スポンサーリンク
スポンサーリンク